「浅井忠・武田五一と神坂雪佳 - 京都高等工芸学校・京都市立美術工芸学校の図案教育Ⅰ - 」

京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

poster for 「浅井忠・武田五一と神坂雪佳 - 京都高等工芸学校・京都市立美術工芸学校の図案教育Ⅰ - 」

このイベントは終了しました。

京都工芸繊維大学の前身校の一つである京都高等工芸学校は、1902(明治35)年に設立され、同校図案科では、洋画家であるとともに、図案家としても活動していた初代教授の浅井忠と建築家武田五一を中心として、積極的に当時の海外様式を取り込み図案教育に反映させました。一方、京都市立芸術大学の前身校である京都市立美術工芸学校は、(明治13)年に創設された京都府画学校を起源としています。1901(明治34)年に京都市立美術工芸学校に改称された同校図案科では、画家であり図案家としても活動していた神坂雪佳や古谷紅麟を中心として、伝統的な絵画教育をベースとし、その延長として図案教育を実施していました。
連続企画の第1回目となる本展覧会では、両校図案科の最初期に教育に携わった浅井忠と武田五一、神坂雪佳と古谷紅麟に焦点を当て、教育に活用するために蒐集された資料を手がかりとして、設立背景と教育カリキュラムの側面から両校について比較します。

メディア

スケジュール

2014年07月14日 10:00 ~ 2014年09月05日 17:00
8月11日(月)〜16日(土)は休館

アーティスト

浅井忠武田五一神坂雪佳古谷紅麟

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use