「三輪晁勢 - 色彩の歓喜 - 」展

堂本印象美術館

poster for 「三輪晁勢  - 色彩の歓喜 - 」展
三輪晁勢 紫陽花咲く 1978年 新潟市美術館

このイベントは終了しました。

1901年(明治34)、新潟県三島郡与板町(現・長岡市)に生まれた三輪晁勢は、日本画家・堂本印象の一番弟子でした。1914年(大正3)に与板尋常小学校を卒業すると、洋画家の父・大次郎が京都府画学校に学んだこともあり、一家で京都に移りました。翌年には京都市立美術工芸学校予科に入学、その2年後には同校絵画科に入学しました。さらに、1921年(大正10)には京都市立絵画専門学校に進学し、上村松篁、麻田辨自、池田遙邨らとともに日本画を学びました。1927年(昭和2)の第8回帝展に「東山」が初入選、第12回展で「春丘」および第15回展で「舟造る砂丘」が特選となり、晁勢は新進気鋭の作家として注目されました。戦後は、師印象の影響を受けながらも、鮮やかな色彩で独創的な抽象表現を試み、1961年(昭和36)には「朱柱」で芸術院賞を受賞しました。その後も鋭い観察力と独自の色彩感覚によって花鳥や風景、人物などを描き、日本画壇に大きな足跡を残しました。本展は、数ある晁勢作品のなかから、本画と水彩画、挿絵などを合わせた約120点を紹介します。34年ぶりとなる三輪晁勢回顧展です。

メディア

スケジュール

2015年04月22日 9:30 ~ 2015年06月14日 17:00

アーティスト

三輪晁勢

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use