「『倣う』から『創る』へ - 京都高等工芸学校・京都市立美術工芸学校の図案教育Ⅱ - 」

京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

poster for  「『倣う』から『創る』へ - 京都高等工芸学校・京都市立美術工芸学校の図案教育Ⅱ - 」

このイベントは終了しました。

本展覧会は、2011年度に京都市内の13大学14ミュージアムが連携して立ち上げた「京都・大学ミュージアム連携」の活動の一環として、京都工芸繊維大学美術工芸資料館と京都市立芸術大学芸術資料館の合同企画として開催するものです。連続企画の第2回目となる本展では、両校の設立初期から明治後期・大正期に時代を移して、両校の生徒作品から当時の図案の変化を見ていきます。当時は実社会においても公共機関が主催する図案公募展や百貨店を中心とした企業が企画する図案懸賞などが増加し、図案がひとつの分野として確立されていった時期です。そうした時代の中で、社会の要請に応える人材を育成するためにおこなわれていた図案教育の成果の一側面をご覧ください。

[関連イベント]
「シンポジウム」
日時:6月20日(土)13:30~16:00
会場:京都工芸繊維大学60周年記念館
講師: 基調講演/佐藤道信(東京芸術大学 教授)13:40~
   講演Ⅰ/松尾芳樹(京都市立芸術大学芸術資料館 学芸員)14:15~
   講演Ⅱ/岡達也(本展企画担当)14:40~
   講演Ⅲ/佐藤敬二(京都精華大学デザイン学部教授)15:05~
※詳細は公式ホームペーからご確認ください。

メディア

スケジュール

2015年06月15日 10:00 ~ 2015年07月31日 16:30

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use