「ようこそ!横尾温泉郷」展

横尾忠則現代美術館

poster for 「ようこそ!横尾温泉郷」展
《銭湯》2002年 京都国立近代美術館蔵

このイベントは終了しました。

2004年、横尾忠則は銭湯を改修した画廊での個展に、女湯の光景をモチーフにした連作を発表します。まげを結った浮世絵ふうの女性たちが、身体を洗ったり、湯ぶねに浸かったり、にぎやかにくつろぐ姿を描いたこれらの連作は、横尾が幼少時代に見た女湯のイメージを反映しつつ、江戸の遊び絵にも通じる様々な仕掛けが画面のあちこちに隠されたユーモアあふれる作品となっています。この〈銭湯シリーズ〉の発表をきっかけに、横尾は入浴にまつわるもう一つのユニークな作品群〈温泉シリーズ〉を展開します。雑誌の企画で国内の温泉地を旅しながら、紀行文と作品を掲載するという仕事を依頼された横尾は、2005年から約3年間にわたって各地の温泉を訪れ、現地での取材をもとに制作を行いました。それは単なる旅のスケッチではなく、人々との出会いや、その土地の歴史、遭遇した出来事などが、横尾の個人的な記憶やイメージと結びついて構成された、特異なヴィジョンであるといえるでしょう。「ようこそ!横尾温泉郷」と題する本展では、これら2つのシリーズを軸に、美術館を温泉施設に見立てた展示空間が繰り広げられます。旅と連動した〈温泉シリーズ〉を中心に、70年代から今日にかけて日本各地を舞台に制作された絵画、版画、観光ポスターなどを交えながら、各地の温泉、旅先のY字路、名所旧跡などを巡り、観光のあとは、〈銭湯シリーズ〉の浴女たちが待つ大浴場へ。館内には温泉卓球場やお土産処も用意され、鑑賞者を横尾の体験を通した温泉と観光の旅へと誘います。

[関連イベント]
• 横尾温泉卓球大会
日時: 2月11日(土)13:30~
会場: 当館オープンスタジオ
対象: どなたでも
定員: ダブルス16組
参加費: 無料、ただし高校生以上は要展覧会チケット
※要申込み、応募者多数の場合は抽選
※必ず2名以上(4名まで可)でお申込みください
※小学生以上は保護者の付き添いが必要

• 水道筋温泉郷ツアー
ガイド: 慈憲一(naddinst)
日時: 3月4日(土)13:00~15:00
会場: 横尾忠則現代美術館、水道筋商店街界隈
定員: 20名 
参加費: 無料
対象: 小学生以上(大人のみの参加も可)
※要申込み、応募者多数の場合は抽選
※小学生は保護者の付き添いが必要
※高校生以上は要展覧会チケット

• 横尾温泉観光ギャラリーツアー
ガイド: 当館学芸員
日時: 1月28日(土)、3月11日(土)いずれも14:00~14:45
集合場所: 当館オープンスタジオ
※聴講無料、要展覧会チケット

※お申し込み方法は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2016年12月17日 10:00 ~ 2017年03月26日 18:00
開館時間: 金曜日・土曜日は20:00まで、ただし12月30日(金)は18:00まで

アーティスト

横尾 忠則

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use