「岡本神草の時代」

京都国立近代美術館

poster for 「岡本神草の時代」
「拳を打てる三人の舞妓」 大正8(1919)  京都国立近代美術館

このイベントは終了しました。

新興美人画作家として注目された岡本神草(1894-1933)。昭和に入ってからは、かつてのように官能性を前面に押し出すのではなく、そこはかとなく漂わせるような作風に移り、38歳の若さで亡くなりました。画家にとって初の大規模回顧展となる本展は、数少ない本画を可能な限り集め、素描、下図、資料類100点ほどを加えて画業を紹介するとともに、甲斐庄楠音など同時代に競い合った作家達の作品も展示し、神草芸術の全貌だけでなく、時代性と特異性を知ることのできる展覧会です。

【関連イベント】
講演会「岡本神草の時代展について」
日時 : 11月25日(土)14:00~15:30
講師 : 小倉実子(京都国立近代美術館 主任研究員)
定員 : 先着100名(当日午前11時より1階受付にて整理券を配布します)
聴講料 : 無料

メディア

スケジュール

2017年11月01日 9:30 ~ 2017年12月10日 17:00
金曜、土曜は20:00まで開館

アーティスト

岡本神草

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use