「至宝をうつす-文化財写真とコロタイプ複製のあゆみ-」

京都文化博物館

poster for 「至宝をうつす-文化財写真とコロタイプ複製のあゆみ-」

このイベントは終了しました。

本展覧会では明治20年(1887)に京都の地で創業し今年で130周年を迎える便利堂が手掛けてきた文化財写真撮影と複製の歴史をたどります。法隆寺金堂壁画や高松塚古墳の撮影の歴史を紹介し、また、便利堂が製作した文化財複製を展示します。

[関連イベント] ※各イベントのお申し込み方法は公式ホームページよりご確認下さい。
・記念講演会(1)「文化財写真と歴史学―歴史史料の複製とコロタイプ印刷の関係から―」
日時:2017年12月23日(土)10:30~12:00
講師:谷 昭佳氏(東京大学史料編纂所技術専門職員)
会場:本館3階フィルムシアター(定員150名)
参加費:無料(ただし、本展覧会の入場券[半券可]が必要です)

・記念講演会(2)「文献資料の書写と複製」
日時:2018年1月13日(土)10:30~12:00
講師:長村祥知(当館学芸員)
会場:本館3階フィルムシアター(定員150名)
参加費:無料(ただし、本展覧会の入場券[半券可]が必要です)

・文化財複製シンポジウム
日時:2018年1月7日(日)13:30~16:00
会場:別館ホール(定員100名)
参加費:無料(ただし、本展覧会の入場券[半券可]が必要です)
〈基調講演①〉13:40~14:10
「模写・複製の理念と意義-絵画模写をめぐって-」
講師:朝賀浩氏(文化庁美術学芸課主任文化財調査官)
〈基調講演②〉14:20~14:50
「美の記憶-封印された姿と時間-」
講師:村上隆氏(京都美術工芸大学副学長)
〈座談会〉15:00~16:00
「うつす」文化の未来 - 変わるものと変わらないもの -
パネリスト:朝賀浩、村上隆、長村祥知
司会進行:西村寿美雄(株式会社便利堂)
  
・ワークショップ(1)「コロタイプ手刷り体験ワークショップ」
日時:2018年1月20日(土)13:30~15:30
会場:別館2階講義室(定員20名)
参加費:無料(ただし、本展覧会の入場券[半券可]が必要です)

・ワークショップ(2)「高松塚古墳を撮る」
日時:2018年1月27日(土)13:30~15:30
会場:別館2階講義室(定員20名)
参加費:無料(ただし、本展覧会の入場券[半券可]が必要です)

メディア

スケジュール

2017年12月16日 10:00 ~ 2018年01月28日 18:00
12月28日(木)~1月3日(水)は休館。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use