「SLOW LIFE AVANT-GARDE 2017」

FUKUGAN GALLERY

poster for 「SLOW LIFE AVANT-GARDE 2017」
ブックマークする [1]
オススメする [0]

 

本日終了

アンドリュー・チョークは、1980年代の中期に英国ドローンの重鎮ユニットOrganumの “Horii” などに参加し、Broken Flag などからソロ・ユニット Ferial Confine として繊細なタッチを持ちながらノイズ特有の自由を内包する作品を発表しました。90年代半ばからはソロ活動を開始し、緩やかで豊穣な情念の推移を表現する独特の時間感覚に基づく音楽を創生します。こうした音楽活動と並行し、自身のアルバムなどに美しい装丁を施す優れた作家としての定評を確立しました。本展では、彼が今年制作したモノタイプ11作品が展示・販売されます。
【関連イベント】
① [Decoding Duncan Session 3]
今般ヴォーカリストとして石橋英子さん、Jim O’Rourke、Joe Talia との Red Sky Tour を日本で敢行する John Duncan の作品を紹介
日時 : 2017年10月21日 13:00〜17:00
出演 : John Duncan / 坂口卓也
参加費 : ¥1000

② [Before and After Pinakotheca]
日本の独立レコード・レーベルの先駆けと言えるピナコテカ・レコードが存続した前後の国際アンダーグラウンド音楽シーンの情況を、米国の LAFMS およびフランスの Ptôse が見せた動向と対照させながら紹介。
日時 : 2017年10月28日 16:00〜19:00
出演 : 坂口卓也
参加費 : ¥500

③ [Music and Art of Andrew Chalk]
坂口とJohn Podeszwが、Andrew Chalkの音楽および視覚芸術を紹介。
日時 : 2017年11月4日 16:00〜19:00
出演 : 坂口卓也
参加費 : ¥500

④ [AUBE Revisited]
昨年から始まったAUBE作品の再発にまつわる話題を中心に、中嶋昭文さんの再評価についてのトーク。ソロ・ライヴも実施。
日時 : 2017年11月11日 16:00〜
出演 : 大野雅彦/石上和也/東瀬戸 悟/坂口卓也
参加費 : ¥1000

⑤ [LAFMS in 21st Century]
70年代中期に発生してから現在までのLAFMSの活動を総括し、現在どの様にしてリアルタイムに彼らの音楽を楽しむかを主題とするリスニング・ガイド。
日時 : 2017年11月18日 16:00〜19:00
出演 : 坂口卓也
参加費 : ¥500

メディア

スケジュール

2017年10月21日 15:00 ~ 2017年11月24日 19:00
期間中の金曜日・土曜日のみ開廊、10月21日(土)は18:00まで

入場料

無料

アートスペースの開館時間


水曜・日曜・祝祭日休館
イベントにより異なる

アクセス

〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-9-20 4F
電話: 06-6253-3266 ファックス: 06-6253-3266

地下鉄御堂筋線心斎橋駅7番出口より徒歩2分

Google map

このイベントに行かれる際には、関西アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use