開館120周年記念特別展覧会「海北友松」

京都国立博物館

poster for 開館120周年記念特別展覧会「海北友松」
重文 雲龍図(8幅のうち4幅)(部分)海北友松筆 京都・建仁寺

このイベントは終了しました。

海北友松(1533~1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過ごしましたが、主家や兄が信長に滅ぼされるに及び、還俗して狩野派の門を敲き、画の道に進んだと伝えられています。いま遺る作品のほとんどは狩野派から独立して以後の晩年期(60歳以降)のものですが、鋭い筆遣いが駆使された気迫溢れる水墨画や詩情豊かな大和絵金碧画などは、ほかの誰の作とも似ていない、まさに友松ならではのものといえましょう。最晩年まで絵筆を握り続け、83歳でその生涯を終えた桃山最後の巨匠の世界を、心ゆくまでご堪能いただける展示となっています。
【関連イベント】
講演会「孤高の絵師・海北友松」
日時 : 2017年4月29日(土) 13:30~15:00
場所 : 平成知新館 講堂
定員 : 200名
講師 : 山本英男

講演会「友松の作品─剛と柔・漢と和」
日時 : 2017年5月13日(土) 13:30 〜 15:00
場所 : 平成知新館 講堂
定員 : 200名
講師 : 田沢裕賀氏(東京国立博物館 学芸研究部長)

メディア

スケジュール

2017年04月11日 9:30 ~ 2017年05月21日 18:00

アーティスト

海北友松

Facebook

Reviews

Aki Kuroki tablog review

京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会「海北友松」

桃山孤高の巨匠、海北友松(かいほうゆうしょう)に迫る

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use