「京芸 transmit program 2017」

京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA

poster for 「京芸 transmit program 2017」

このイベントは終了しました。

2017年4月、京都市立芸術大学ギャラリー @KCUAは開館から8年目を迎えます。開館当初から継続してきた企画「京芸 transmit program」を今年からリニューアルし、京都市立芸術大学を卒業、あるいは大学院を修了してから3年以内の若手作家の中から、いま、@KCUAが一番注目するアーティストを紹介するプロジェクトとして新たに始動。アーティストの活動場所として日本でも1、2を争う京都における、期待の新星を紹介するシリーズとして、毎年春に開催します。
記念すべき第1弾として、2017年度は西 太志、水谷昌人、迎英里子、矢野洋輔の4人を選出。4人は、2015年または2016年に大学院美術研究科を修了し、その後も京都または近郊にアトリエを構えて日々の制作活動を行いながら、国内各所で作品を発表しています。

[関連イベント]
ギャラリートーク
日時 : 4月8日(土)14:00〜15:30

迎英里子 パフォーマンス
日時 : 4月8日(土)、15 日(土)、22 日(土)、29 日(土)、5 月6 日(土)、13 日(土)、21 日(日)
いずれも14:00から開始

※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2017年04月08日 11:00 ~ 2017年05月21日 19:00

オープニングパーティー 2017年04月08日16:00 から

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use