「重要文化財指定記念 - なにわの町人天文学者・間重富 - 」展

大阪歴史博物館

poster for 「重要文化財指定記念 - なにわの町人天文学者・間重富 - 」展
重要文化財 蝦夷地・カラフト地・千島列島図 江戸時代後期 本館蔵(羽間平安氏寄贈)

このイベントは終了しました。

間重富(1756-1816)は、大坂で家業の質屋を営むかたわら、江戸幕府の御用測量をつとめた町人天文学者として知られています。大阪歴史博物館では、間家の後継に当たる羽間平安氏から間重富に関する資料(羽間文庫)の寄贈を受け、コレクションの維持・公開につとめてきました。
この資料群の一部については、天文・暦学史上の価値から大阪府有形文化財の指定を受けていましたが、平成28年に「間重富関係資料」(約740点、江戸時代後期、大阪市立中央図書館所蔵分を含む)として、新たに国の重要文化財に指定されました。本展では、重要文化財指定を受けた資料を中心に、間重富と間家の足跡をたどる品々約30点を公開。なにわの町人学者の活躍を通して、江戸時代の大坂で培われた高度な科学技術・知識に触れる貴重な機会となるでしょう。
[関連イベント]
• 展示解説
日時: 6月4日(日)14:00〜30分程度
講師: 木土博成(大阪歴史博物館 学芸員)
会場: 大阪歴史博物館 8階 特集展示室
参加費
: 無料(ただし、入場には常設展示観覧券が必要です。)

メディア

スケジュール

2017年04月26日 9:30 ~ 2017年06月19日 17:00

アーティスト

間 重富

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use