「春ひらく―芦屋のたからもの ~今に伝わる神社、寺院の宝物~」

芦屋市立美術博物館

poster for 「春ひらく―芦屋のたからもの ~今に伝わる神社、寺院の宝物~」

このイベントは終了しました。

古代から交通、文化の要衝として栄えた芦屋には、今も人々の崇拝を集める神社、寺院がありますが、それぞれの寺社には、歴史ある「たからもの」が大切に守り継がれてきています。これらの今に伝わる「たからもの」のうち、このたび当館に寄託された打出天神社の地車(だんじり)の水引幕、当館収蔵の岩園天神社の絵馬をはじめ、平成 27 年に修復を終えた芦屋神社の鳳輦(ほうれん)、今回初公開となる、伝猿丸太夫木像など、神社に伝わる「たからもの」が紹介されます。さらに、親王寺の寺宝、流水文銅鐸、三角縁波文帯三神二獣鏡は、およそ四半世紀ぶりに公開されます。

[関連イベント]
・講演会「芦屋睦の宮詣で―芦屋の神社をたずねて」
日時: 4月1日(土)14:00~15:00
会場: 芦屋市立美術博物館 講義室
講師: 山西康司(芦屋神社、打出天神社宮司)
定員: 60名
参加費: 無料(ただし要観覧券)
・ウォークイベント―桜の芦屋あるき―
日時: 4月2日(日)13:00~16:00
内容: 打出天神社、親王寺、津知日吉神社等市内寺社を巡ります。その後、芦屋川沿いの桜並木を通り、当館にて展覧会を鑑賞いただきます。
定員: 20名
参加費: 200 円(保険代含む。要別途観覧券)
※事前申込制。お申し込み方法は公式ホームページからご確認下さい。
・ホールコンサート「マリンバで彩る伝統の響き」
日時: 4月16日(日)14:00~15:30
出演: 八重崎渚、川内まり子、山口彩菜
会場: 芦屋市立美術博物館 1階ホール
定員: 100名
参加費: 無料(ただし要観覧券)
・講演会①「親王寺の歴史と宝物 ―山口県萩市へ 毛利家文書を求めて―」
 講演会②「タマムシと仏教 ―美術と博物の融合―」
日時: 5月6日(土)14:00~15:00
会場: 芦屋市立美術博物館 講義室
講師: ①阪口忠之(親王寺役員)/②花木宏修(親王寺住職)
定員: 60 名
参加費: 無料(ただし要観覧券)
・芦屋講談「芦屋の昔話を語る」
日時: 5月7日(日)14:00~15:30
会場: 芦屋市立美術博物館 講義室
出演: 旭堂南陵 他一門
定員: 60名
参加費: 無料(観覧無料の日:観覧券不要)
・ギャラリートーク
講師: 本展担当学芸員
日時: 4月15日(土)、4月30日(日)、5月14日(日)14:00~15:00
会場: 芦屋市立美術博物館 展示室
参加費: 無料(ただし要観覧券)

メディア

スケジュール

2017年04月01日 10:00 ~ 2017年05月21日 17:00
入館は16:30まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use