「縫 TEXTILE EXHIBITION」

アートスポット・コウリン

poster for 「縫 TEXTILE EXHIBITION」

このイベントは終了しました。

京都精華大学芸術学部テキスタイルコース・中川ゼミが企画した、過去2回の「ステッチ展」「縫い展」の第三弾が開催されます。今回は、「暮らしの中のアバンギャルド・アート」をテーマに、16作家が参加します。「縫う」という行為は、縫い針、刺繍針などの針類やミシンを道具として、様々な物質と物質を結びつけ重ね合わせる事で、あらたなイメージを創出するコラージュ的な方法と言えるでしょう。縫いの方法論は、暮らしの中の日常的な行為、例えばミシンがけなどから生まれる、私たちの生活に馴染んだ身近な手法であるが、そのコンセプトとインパクトをどう考え、新しい価値を生み出せるかを課題とした展示です。

メディア

スケジュール

2017年12月05日 15:00 ~ 2017年12月17日 18:00
火〜金曜日は15時~19時まで、土・日曜日は13時~19時まで、最終日は18:00まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use