ターナー 風景の詩

京都文化博物館

poster for ターナー 風景の詩

このイベントは終了しました。

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)は、イギリスで最も偉大な画家であるのみならず、風景画の歴史のなかで最も独創的な画家のひとりです。卓越した技法によって、嵐の海景、崇高な山、穏やかな田園風景など、自然の多様な表情を描くとともに、歴史風景画にも取り組みました。光と空気に包まれた革新的な風景表現は、今日においても多くの芸術家にとって、インスピレーションの源になっています。本展は、スコットランド国立美術館群などイギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐった油彩画、水彩画約70点や版画が紹介されるとともに、最新の知見をもとにターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫ります。

メディア

スケジュール

2018年02月17日 10:00 ~ 2018年04月15日 18:00
金曜日は19:30まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use