「館蔵漆芸品展 - 伝統意匠の継承と近代の蒔絵 - 」

京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

poster for 「館蔵漆芸品展 - 伝統意匠の継承と近代の蒔絵 - 」

このイベントは終了しました。

日本の漆器に見られる「蒔絵」は、日本独自に発達した加飾技法です。器面に漆で文様を描き、その上に金をはじめとする金属粉を蒔きつけて装飾を施す技法で、江戸時代には様々な工程が出揃い技術的な隆盛を極めました。蒔絵は古くから武具や文具、生活調度などに施され、その意匠は草花から文学、有職故実といった日本の伝統美と密接に関係しています。特に京都においては公家や武家の好みと強く結びつきながら発展し、複雑な工程を用いたり、金をふんだんに使用した多くの高級漆器が制作されてきました。本学前身の京都高等工芸学校図案科の教授であった浅井忠(1856-1907)は、工芸図案の指導に尽力し、明治39年(1906)に「京漆園」という若手漆芸家を集めた漆芸研究団体を設立しました。浅井の指導を受けた蒔絵師は、近代京都を代表する作家として、現代においても知られています。本展では、当館が所蔵する江戸時代から近代の漆芸コレクションが展示されます。江戸時代の優美な生活調度品から、伝統を継承しつつも創作的な意匠を纏った近代の漆芸作品を通して、蒔絵の世界をお楽しみいただけます。

メディア

スケジュール

2018年02月27日 10:00 ~ 2018年04月13日 17:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use