小磯良平と吉原治良

兵庫県立美術館

poster for 小磯良平と吉原治良
田中千代学園芦屋校アトリエ開き・寄せ書きに描く吉原とそれを見つめる小磯 1952 年7 月 写真提供:学校法人田中千代学園
ブックマークする [1]
オススメする [0]

 

31日後終了

小磯良平(1903-1988)と吉原治良(1905-1972)は、ともに戦前から戦中、そして戦後にわたって阪神間を主な拠点として活躍した画家です。小磯は、東京美術学校を卒業後渡欧し、アカデミックな西洋美術の正当な継承者をめざし、類まれなデッサン力を駆使した珠玉の人物画を数多く制作・発表し、日本を代表する具象絵画の巨匠として活躍してきました。一方の吉原は、ほぼ独学で絵画の技術を習得し、戦前の海外の抽象絵画に影響を受けた前衛的な作品を発表、数多くの抽象絵画を手がけました。
同展では、彼らの作品を時代ごとに「並置」し、その「同時代性」や「地域性」から垣間見える彼らの「対照性」と「類似性」が明らかにされます。

【関連イベント】
連続鼎談
①吉原治良編
日時:2018年4月22日(日) 14:00~
出演:加藤瑞穂氏(大阪大学総合学術博物館招へい准教授)、高柳有紀子氏(大阪新美術館建設準備室主任学芸員)、鈴木慈氏(兵庫県立美術館学芸員)

②小磯良平編
日時:2018年5月6日(日) 14:00~
出演:辻智美氏(神戸市立博物館学芸員)、恵崎麻美氏(関西大学東西学術研究所非常勤研究員)、西田桐子氏(兵庫県立美術館学芸員)

メディア

スケジュール

2018年03月24日 10:00 ~ 2018年05月27日 18:00
4月30日(月)は開館、5月1日(火)は休館、会期中の金曜・土曜は20:00まで開館

アーティスト

小磯良平吉原治良

ホームページ

https://www.artm.pref.hyogo.jp/

入場料

一般 1300円、大学生 900円、70歳以上 650円、高校生以下無料、障害のある方は当日料金の半額、その介護者1名は無料

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館、年末年始休館、メンテナンスによる臨時休館あり

アクセス

〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
電話: 078-262-0901

阪神本線岩屋駅より徒歩8分

Google map

このイベントに行かれる際には、関西アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use