薬師川千晴「retrace a pair 一 対をなぞる」

Gallery PARC

poster for 薬師川千晴「retrace a pair 一 対をなぞる」

このイベントは終了しました。

2011年に京都精華大学洋画コースを、2013年に同大学大学院芸術研究科博士前期課程芸術専攻を卒業した薬師川千晴(やくしがわ・ちはる/1989年・滋賀県生まれ)は、在学中よりグループ展などに出品を重ね、2014年の個展『絵画碑』(Gallery PARC)以降、個展『絵画に捧げる引力』(Gallery PARC、2015)の開催、『ハイパートニックエイジ』(京都芸術センター、2015)への出品など、着実に活動を展開させています。
薬師川はこれまで、油絵具やテンペラ絵具を素材に用い、おもにデカルコマニー(*紙に絵具を乗せ、その上から別の紙を置いてひきはがすことで模様や像を生じさせる)技法を使用した、独特の絵画作品を発表してきました。今回初出品となる新作は、「一対」という存在に引き続き注目しながらも、「一対」を、”点と点”、”個と個”、”あちらとこちら”のような、異なる2つの存在の間に生じる”差異”や”距離”などの関係性とする思考のもとに、これまでとは異なる展開を見せています。人が祈るときに両手を合わせる仕草から着想を得た新作《 右手と左手のドローイング 》は、右手と左手につけた異なる2色の絵具を、同時に紙に塗り付け、紙上で混じり合わせる作品です。手の痕跡、絵具のストローク、完全には溶け合うことのない2色の絵具が重なり、異なる色へと変化している様子などを画面から見てとることができます。多数の工程を経て制作される前作と異なり、シンプルな手法で即興性を重視して制作される新作からは、絵具の物質性や手の痕跡といった身体性などといった、これまでの薬師川の作品にあった要素が凝縮されるとともに、互いに異なる性質をもった、非対称で異質な2つの存在からつくられる、新たな「一対」の思考を感じることができます。今回の展示では、多数の新作のほか、《 絵画碑 》《 絵具の引力 》の未発表作品も出品されます。

メディア

スケジュール

2018年03月02日 11:00 ~ 2018年03月18日 19:00

アーティスト

薬師川千晴

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use