デザインコレクション「熱情と冷静のアヴァンギャルド」

時を経ても色褪せないグラフィックの魅力

poster for “The Passion and Calm of the Avant Garde”

「熱情と冷静のアヴァンギャルド」展

京都府(その他)エリアにある
京都dddギャラリーにて
このイベントは終了しました。 - (2014-01-17 - 2014-03-05)

In フォトレポート by Reiji Isoi 2014-02-27

大阪のdddギャラリーで只今開催されているデザインコレクション「熱情と冷静のアヴァンギャルド」に行ってきました。

今回の展示では、1920-30年代のモダンデザイン発展期と、1950-60年代のモダンデザイン成熟期の作品が展示されています。

DSC_9905

DSC_9884

DSC_9892

社会の動乱や改革の波の中で夢や理想を追い、デザインを介して新しい社会を構築すること、時代にふさわしい合理性を追求することを目指したデザイナーたちによる作品の数々は、洗練された機能美、ミニマリズム表現の、ある到達点を提示しているかのようです。当時の技術で印刷された大判のポスターが並び、時を経ても色褪せないグラフィックの魅力を放っています。

DSC_9907

DSC_9889

DSC_9897

第一次世界大戦後の変革期に欧州各国で設立されたアヴァンギャルドを標榜するグループやその設立に関わった主要なアーティストによる表現からは、そうした作品の持つ実験的でクールな表現とは対照的に、革命と戦争の動乱期に高い情熱を持つ個性やヴィジョンの数々が勃興し切磋琢磨していた当時の様子をうかがい識ることができます。

平面デザイン、タイポグラフィ等の視覚表現はもとより、デザインと社会の関わりやコミュニケーションとしてのグラフィックデザインに関心のある方にも、今回の展示から大いに得るものがあるのではないでしょうか。

Reiji Isoi

Reiji Isoi . 1978年生まれ。00年代前半より音楽業界を中心に写真の撮影活動を始め、音楽・美術・文芸誌に写真・インタビュー記事等を寄稿するほか、映像撮影・制作の仕事に携わる。仲間と突発的に結成した『宇宙メガネ』からも不定期に発信することがある。各地で起こる皆既日食、米国のバーニングマン、インドのクンブメーラ祭、古代遺跡でのイベントなど、津々浦々で出会う作品や表現者たちとの交流を通じ、森羅万象の片影を捉えようとカメラを携え日々撮り続けている。 http://razyisoi.jp/ ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use