ニューヨークフェア2014「キューティー&ボクサー篠原有司男・乃り子2人展」

NY在住の有名アーティスト夫婦の作品が間近で見れる!

In ニュース by Chiaki Ogura 2014-05-16

すでにご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
2014年アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた映画「キューティー&ボクサー」。サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門では、監督賞も受賞しています。

この映画に登場するNY在住の2人のアーティスト、篠原有司男(しのはらうしお)さんと篠原乃リ子さんご夫婦が、大阪阪急うめだにやってきました!今回、阪急うめだ本店9階阪急うめだギャラリー「キューティー&ボクサー 篠原有司男 乃り子2人展」のプレイベントとして開催されたライブイベントを取材に行ってきました。

篠原有司男さんは、「ギューちゃん」という愛称で親しまれている、1932年生まれの82歳。現代美術家として、現役で作品を作り続けています。彼ならではのパフォーマンスとして有名なのが、「ボクシング・ペインティング」。ボクシングのグローブに絵具をつけて、シャドーボクシングをしながら壁にペイントするものです。

 

多くの人が集まったライブイベント。「日本を意識した」と話す篠原有司男さんは、ボクシンググローブに墨汁をたっぷりとつけ、キャンパス紙に叩きつけるように表現していきます。会場皆が注目する空間は、有司男さんのかけ声意以外は無音で、ひと拳ひと拳描いていくその姿は、82歳とは思えない力強さでした。この作品と、使用したグローブも会場に展示されています。

過去に篠原有司男さんと展覧会で共作したこともある、現代美術家の榎忠(えのきただし)さんこと、通称エノチュウさんも特別ゲストとして出演。篠原乃リ子さんも含めてのトークショーには、会場も非常に盛り上がっていました。

 

 

 

 

 

ドローイングからシルクスクリーンなどを含め、作品数は、篠原有司男さんが、約27点。篠原乃リ子さんの作品は、約30点です。篠原有司男さんの最新作品《アカデミー狂奏曲》も日本初公開です。

 

また、今回は、篠原乃リ子さんの作品《キューティー大作絵巻》が、展示されます。ニューヨークのギャラリーで制作したときの雰囲気が、インスタレーションとして再現されます。キューティー&ボクサーの原画ともいえる その独特の世界観をぜひ体感できるのも、楽しみのひとつです。是非映画と共に、2人の力強さを体感しに行ってみてください。

__________________________________

「キューティー&ボクサー篠原有司男・乃り子2人展」
期間:2014年5月14日(水)-5月19日(月)
時間:10時〜20時 ※催し最終日は18時終了
会場:阪急百貨店 阪急うめだギャラリー9階
料金:無料

__________________________________

Chiaki Ogura

Chiaki Ogura . 岡山県出身。広告代理店・広報部にて勤め、現在はフリーライター・フォトグラファーとして活動中。ジャンルは幅広く、雑誌やWEB媒体などで執筆。ベンシャーンやアンディ・ウォーホルに感銘を受け、アートの世界に。ギャラリーや美術館の空間をこよなく愛する。作品を目の前にしたときの、右脳がぐらっと動かされる感覚がたまらない。comocomo.cafe ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2023) - About - Contact - Privacy - Terms of Use