ART OSAKA 2014

7月12日(土)から2日間。関西で開催される、ホテルで楽しめる大規模なアートフェア!

In インタビュー by Chiaki Ogura 2014-06-24

2014年で12回目を迎える現代美術のホテル型アートフェアART OSAKAは、アートフェア東京などに並んで、日本でも大規模なアートフェアのひとつです。会場も、JR大阪に直結しているホテルグランビア大阪と、アクセスも抜群。フェアマネージャーを7年間担当されている宮本典子さんに、ART OSAKAの魅力についてお話を伺いました。

■大阪のアートフェアと言えば、ART OSAKAが一番に挙げられますね。これまでの歩みを教えてください。

ART OSAKA自体は、2002年にスタートしています。この頃は、現代美術の認知度が今よりも低い時代でした。そんな中、「現代美術とはどういうものなのかを伝えたい。関西のアートシーンの潮流を紹介する場を作りたい」という想いを持った関西の5、6軒のギャラリストが中心になって企画を始めました。2006~2007年頃は現代美術のプチバブルの時期だったらしく日本でも売れ始めたそうですが、2008年のリーマンショック以降はまたアート作品が売れない時期に。でも最近は新しい層のアートコレクターが生まれ、盛り返して来ています。2002年は参加ギャラリー16軒からのスタートでしたが、ありがたいことに、今年は53軒の国内外の有名ギャラリーに参加をいただいています。作品点数も1000点は越えるのではないでしょうか。

■他のアートフェアとの違いって何でしょう?

現代美術に限っている部分です。次代を担う若手作家から、堅実に実績を重ねる中堅作家、そしてまだ広く知られていない巨匠まで、多様な美術が見られる楽しみがあります。存命の作家の作品に絞られているので、作家のこれからの成長を楽しみに、作品を購入することができるのは魅力だと思います。各展示スペースとなるホテルの一室を、まるごとインスタレーションで表現しているギャラリーもあります。作品を購入するという目的だけでなく、アート表現に触れられる機会としても楽しめますよ。

また、出展ギャラリーの53軒のうち40軒は日本、そのうち半分が関西圏のギャラリーです。自国で作品が売れることで、自国のアーティストが育つという風土が育ってくれればと思っています。フェアを継続する為に、ギャラリー側の参加費の負担もなるべく軽減しています。個人的に目標として見習っているのは20年以上継続している「アート台北」です!

■「いいな!」と思った作品を買うための、アドバイスを下さい!
そうですね。多分、美術館やギャラリーに行かれたときに、何度も見かけて心に残っている作家っていると思うんです。その後、アートフェアに行った際に、その作家さんの作品を見つけ、ピン!と五感が動くとき、それは作品との出会いです。ぜひ買ってみてください。

いいなと思った作品に赤シールが貼られているのは、売約済みの印です。その場合は、ギャラリーの人に「こういう作品は他にないですか?」と聞いてみてください。資料を見せてくれたり、同じ作家の近い作品を提案してくれます。興味のある作家さんを見つけたときは、「この作家さんの略歴を教えてください」でもいいですね。作家さんに詳しくなれたり、作品の背景も知ることができて知識も深まりますよ。

■今年ならではの見所は?

今年初の試みとして、ホテルのパティシエ・バーテンダーとアーティスト3組によるコラボレーションを企画しています。3つとも一押しなのですが、価格もお得!なのが、現代美術二等兵さんによるデザインの「プラモすいーつ」。フェア会期中限定です。パッションフルーツのタルトやクッキーを部品に見立てた面白いスイーツです。お客さん自身で、プラモデルのように自由にスイーツをデザインすることが出来るんです。

カクテルは2種類です。「view」は、写真を使った作家、岡本啓さんの作品から得た、「色鮮やか・斬新・輝き・スマート」のインスピレーションで誕生しました。カクテルのリキュールの比重の違いに着目しています。グレープフルーツベースなので、さっぱり飲みやすいです。「流清」は川北ゆうさんの作品がもつ清らかな”水”のイメージで、仕上がっています。ヒアルロン酸の入ったカクテルに、ブルーキュラソーをお客様自身で注ぐという試みです。こちらはノンアルコールでも大丈夫です。女性に喜んでいただけそうです。

普段なかなか利用しないホテルのバーに行くにもよい機会なので、是非この機会にご賞味下さい。カクテルは7月1日~13日とフェアより先行販売します。

■おすすめギャラリーや作品を、関西アートビート読者にこっそり教えてください。

沢山ありすぎて、難しいですね(笑)。ぜひ色んなギャラリーさんのお部屋を覗いて、自分の目で現代美術を感じてみて下さいね。

__________________________________
【概要】ART OSAKA 2014
期間:2014年7月12日(土)- 13日(日) プレビュー:11日(金)
会場:ホテルグランヴィア大阪
料金:¥1,500.- / 1 day pass
アートイベント割引アプリ「ミューぽん」対応。2名まで当日券300円割引になります!
http://www.tokyoartbeat.com/apps/mupon
__________________________________

Chiaki Ogura

Chiaki Ogura . 岡山県出身。広告代理店・広報部にて勤め、現在はフリーライター・フォトグラファーとして活動中。ジャンルは幅広く、雑誌やWEB媒体などで執筆。ベンシャーンやアンディ・ウォーホルに感銘を受け、アートの世界に。ギャラリーや美術館の空間をこよなく愛する。作品を目の前にしたときの、右脳がぐらっと動かされる感覚がたまらない。comocomo.cafe ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use