ニュイブランシュ2014 特集記事第二弾「特別会場編」

ニュイブランシュ2014ー京都の夜がアートイベント一色に!

In 特集記事 by KABlog 2014-09-26

「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」は、パリ市が毎年行う一夜限りの現代アートの祭典。パリの姉妹都市・京都では、市内各所で日仏の現代アートを無料で楽しめる「ニュイ・ブランシュ2014KYOTO」を開催します。

夜の京都を彩るのは、パフォーマンスや展示、プロジェクション・マッピングなど多彩なプログラム。第4回を迎える今年は「現代アート×伝統工芸」をテーマに、領域を横断した企画をお届けします。
Kansai Art Beatでは、この一夜限りのイベントの魅力をお伝えすべく、全てのイベントを網羅した特集記事を連載にて掲載いたします!

第二弾「特別会場編」
ニュイ・ブランシュに併せて多様な会場が、一夜限りのイベントを繰り広げます!普段は公開され
ていない場所もありますので、内容をご覧の上、是非足を運んでみてください。

愛染工房

Aizenkobo Indigo Workshop
[10:00–21:00]

愛染工房コレクションの展示。文豪・谷崎潤一郎に名づけられ、陶工・河井寛次郎と人間国宝(木工)黒田辰秋によって親しく愛された「愛染工房」は、西陣の町屋にて天然発酵本藍染め・本草木染めの和洋服・作努衣・小物・さしこ糸を商っています。藍色=ブルーインディゴの豊かな美は、細菌や藍の発酵を経て生み出されるものです。

大西清右衛門美術館

Onishi Seiwemon Museum
[18:00–23:00]

“ 夜話、Nuit Noire ”

大西清右衛門+吹田哲二郎+南琢也
大西清右衛門美術館にて開催される「視て、聴いて、体験できる」特別なお茶会。

釜を視覚で味わい、聴覚で体験し、未公開のお茶室にて茶会に参加することができます。千家十職 釜師 大西清右衛門とアーティスト/ グラフィック・デザイナー 南琢也(softpad)のコラボレーションは、観客の感覚を解放し、釜という存在を再発見する試みです。

カフェ アンデパンダン

Café Indépendants
[21:00–翌朝5:00]

Nuit Blanche After Party !

国際的に活動されているDJ、プロデューサー、そして関西のミュジックシーンの最先端のアーティストのラインアップを翌朝まで体感できます。


かみ添

Kamisoe「In between」
[11:00–23:00]

マリ=アンジュ・ギュミノによるボールの作品「一つのなかに二つ」が展示されます。ボールの色と共鳴するかみ添の紙は、このプロジェクトのために作られました。

※ 展示期間:10月4日~14日(5日以降は11:00–18:00)


閑臥庵

Kanga-an
[16:00–21:00]

マリ=アンジュ・ギュミノ展「はかなさー瞬間の美」

ベネチア・ビエンナーレをはじめ、国際的に活躍するフランスのアーティスト、マリ=アンジュ・ギュミノが展示するのは、〈天女の羽衣〉を素材とする「うに」、茶椀「一心同体」と7点の「きもの」です。

※ 混雑状況等により、入場を制限させて頂く場合がございます。

Gallery C.A.J

[13:00–21:00]
18:00–21:00 オープニング・パーティー

二人の若手ジュエリー・デザイナーの、日仏による対話形式の展覧会。
Florence Croisierによる「チタンの滝」、苗加美保による「水の流れ」から成るこの展覧会は、水の音」に捧げられています。

ビデオ Florence Croisier作:マノン・ペニコー、ローマ・ルーベー(2013年)

※ 展示期間:10月1日~12日(13:00–18:00)


GALLERY 9.5 ホテル アンテルーム 京都

GALLERY 9.5 HOTEL ANTEROOM KYOTO
[12:00–21:00]

アレクサンドル・モベール個展『Trinity』森美術館アソシエイト・キュレーター椿玲子氏による企画「2014 秋の芸術月間 セイアンアーツアテンションVOL.6」の招聘作家、アレクサンドル・モベールによる個展を開催。

※ 展示期間:10月3日~11月23日

京都工芸繊維大学KYOTO Design-Lab Annex 京町家 ににぎ
KyotoTraditonal House « NINIGI »
[11:00–22:00]

ECO Shirts Movement vol.13 「五感 GOKAN~a genuine multisensory」

19:00~20:00 桜富寿佐(日本舞踊、長唄、三味線)
20:00~22:00 “ART after March 11th, 2011 ”

『アノヒカラ ジェネレーション 東日本大震災と東北の若者』の著者・笠原伊織と若手アーティスト達

※ 展示期間:10月1日~11日(11:00–19:00)

京都造形芸術大学 ARTZONE

ARTZONE, Kyoto University of Art and Design
[12:00–22:00]

ニュイ・ブランシュKYOTO 2014 インフォメーション・センター
10月4日(土)12:00–22:00

NUIT BLANCHE KYOTO 2014/濱大二郎 @ARTZONE
ARTZONEでは、濱大二郎の絵画の展示、および濱大二郎と宮嶋哉行とのコラボレーションによるライブパフォーマンスを行います。

濱大二郎による絵画の個展
[10月4日(土)17:00〜22:00、10月5日(日) 13:00〜20:00、10月6日(月)12:00〜17:00]

濱大二郎と宮嶋哉行によるライブパフォーマンス
[10月4日(土)22:30〜23:00]

京都デザインハウス

KYOTO DESIGN HOUSE
[11:00–23:00]


京都デザイン賞入選作品の大塚華仙作「截金(きりがね)名刺入れ」や、海外のお客様からの評価も高い「正絹しけ引きスカーフ」など現代の暮らしに合わせたデザイン性の高い和小物の展示及び販売しています。


京都伝統工芸館

Gallery of Kyoto – Traditional Arts & Crafts

[18:00–22:00]


京都伝統工芸大学校(TASK)、京都美術工芸大学(KYOBI)、京都建築大学校(KASD)、エコール・ブール国立工芸学校の生徒達による作品を展示しています。


KRP 町家スタジオ

[20:00–24:00]

21:00~22:00 パフォーマンス
20:00~24:00 展示会

re:planter(植栽家)、ieva(マルチメディア・アーティスト)、chori(詩人)、岡田康孝(コントラバス)、Andy Couzensによる初めてのコラボレーション作品。

※ 展示期間:10月5日~6日(12:00–20:00)


五条の森の町家

foret imaginaire at Gojo“Metaphore”
[17:00–17:45]

金子文子がリノベーションした京町家。
古からの木造建築の遊び心、土壁、柱など祇園の5代続く工務店の伝統技と、デザイナー金子文子のコンテンポラリーな空間の捉え方、表現の斬新さが路地の奥の町家を変容させました。五条を舞台とした源氏物語「夕顔の巻」をデザイナー自身が朗読します。

三条インテリアサロン+唐長11代目ギャラリー
Sanjo-Interior-salon+the eleventh KARACHO galler
[11:00–19:00]

唐長11代目がつくる琳派作品を展示します。
伝統的な美しさと、手仕事ならではの優美さをたたえた「唐長」の紙。
桂離宮などの重要な文化財にも使用されています。

※ 展示期間:10月1日~31日(11:00–19:00) 火曜、日曜、祝日休業

スフェラ

Sfera
[20:00–22:00]
*20:00–20:30は招待者のみ/20:30–22:00は一般入場可


京都を拠点とするライフスタイルブランド「スフェラ」と手作り茶筒の老舗「開化堂」とのコラボレーションによる新作キャンドルホルダーを使った灯りのインスタレーションです。


聖ヴィアトール北白川教会

St. Viator Kitashirakawa Church
[19:00–21:00]


ジェラール・プーレ コンサート
フランスの珠宝と称される世界的マイストロ、ジェラール・プーレ(ヴァイオリン)がコンテンポラリー音楽を演奏する希有なコンサート。


清課堂ギャラリー


Seikado gallery
[10:00–22:00]


ヴェネチアレース、『貴婦人と一角獣』又、牧歌的な風景に息づく兎と狐から着想を得た作品を展示します。


PARASOPHIA事務局

[19:00–22:00]


PARASOPHIA事務局では、ニュイ・ブランシュの機会に普段のオフィスを開放し、これまでの/これからのPARASOPHIAの活動に関する映像や資料などを自由にご覧いただく機会を設けます。


京焼登り窯跡地(旧藤平)

The Site of Fujihira Pottery
[19:30–21:30]

黒田アキの作品は、さまざまな形の著しい変化と創造と破壊のあいだの弁証法的思考に満たされています。近藤髙弘は、不変と儚さという流れなどの様々な概念を問うています。

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)

Higashiyama Artists Placement Service (HAPS)
[14:00–22:00]

PAINT by ATTACK THA MOON

ALLNIGHT HAPS「暗闇から真昼を覗き見る」関連プログラムとなる公開制作。空間が彼らの手で進化していく様子を目撃してください。


有斐斎 弘道館
[18:00–22:00]

大舩真言/アンヌ&パトリック・ポワリエ展「時の影」

「時の影」に捧げられた二つのインスタレーション。哲学的、美術的な観点から「時」の概念にアプローチするフランス人美術家アンヌ&パトリック・ポワリエと、日本画による新しい抽象の世界を切り開く美術界のホープ、大舩真言の展覧会。

ーーー
その他、関連イベントも多数ありますので、是非足を運んでみてください!!

メイン会場の記事はこちら
参加ギャラリーの記事はこちら

KAB Team

KAB Team . Kansai Art Beatのニュースをお伝えします。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use