KYOTOGRAPHIEのサテライトイベント「KG+」が参加者を募集中、エントリー締切は2016年1月10日!

先駆的な写真表現の発掘と支援を目指す「KG+」が公募を開始。国際的に活躍する意欲ある参加者を募集中です。

In ニュース by KABlog 2015-12-25

毎年春に京都で開催されている「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。そのサテライトイベントである「KG+」が参加者を募集中です。

国内外のアート・写真関係者が集う、春の京都で展覧会(個展)を企画しよう!

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」のサテライトイベントとして2013年にスタートした「KG+」は、国際的な舞台で活躍できるアーティストや、先駆的な写真表現の発掘と支援を目指すアートプロジェクトです。
「KG+」の開催期間中(2016年4月22日[金]〜5月22日[日])に京都市内で開催する展覧会(個展)のプランを企画して応募すると、KG+実行委員会メンバーが約20〜30の展覧会を選出します。
参加条件に職業、年齢、性別、国籍などの制限はなく、また、ギャラリーや美術館などで発表するアーティストのみならず、既存の枠組みや分野の領域を超えて活動する人々も対象とし、写真表現のこれまでにない創造性/想像性を国際的なネットワークを通じて発信します。

「KG+AWARD 2016」受賞者は「KYOTOGRAPHIE 2017」に参加できる!

さらに「KG+」に選出された約20〜30の展覧会から、最終的に「KG+AWARD 2016」を受賞した1展覧会は、2017年に開催するのKYOTOGRAPHIEの公式プログラムとして招聘され、制作費や会場費などをサポートしてもらえます。

「KG+AWARDby GRAND MARBLE 2015」を受賞したのは古賀絵里子さんの個展「一山」。「一山」は古賀さんが密教の信仰の地である高野山へ通い、荘厳な寺院や自然、そこに暮らす人々の日常や風景を写し出した、5年間の記録です。高野山開創1200年を迎えた2015年の春に、街中の雑踏から離れ、季節の趣あふれるお寺「妙満寺」に展示して話題を集めました。現在古賀さんは「KYOTOGRAPHIE 2016」出展に向けて新作を制作中です。

国内でも稀有な国際写真祭に出展するチャンス!
作家志望の方や海外進出を目指す方、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

【概要】
KG+2016(KYOTOGRAPHIE サテライトイベント)
会期:2016年 4月 22日(金)〜 5月 22日(⽇)
エントリー締切:2016年1月10日(日)
http://www.kyotographie.jp/kgplus/2016

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016
会期:2016 年 4月23日(土)〜 5月22日(日)
̶主催:KYOTOGRAPHIE 実行委員会

KAB Team

KAB Team . Kansai Art Beatのニュースをお伝えします。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use