入原幕 コラージュ展 「混沌とした部屋」

コラージュの作品展。作品が作品どうしをコラージュしあう空間。

poster for Maku Irihara “Chaotic Room”

入原幕コラージュ展 「混沌とした部屋」

大阪市西区エリアにある
カロブックショップ&カフェにて
このイベントは終了しました。 - (2016-07-18 - 2016-07-30)

In フォトレポート by Rei Nakadani 2016-07-25

DSC_0020
入原幕コラージュ展「混沌とした部屋」風景

Calo Bookshop and Cafeでは、入原幕(いりはら まく)コラージュ展「混沌とした部屋」が開催されています。Calo Bookshop and Cafeは、大阪市営地下鉄 四つ橋線 肥後橋駅から徒歩1分のところにある、若狭ビル5Fにある、ギャラリースペースとカフェが併設されたお店です。窓から差し込む光と、落ちついた雰囲気はオフィス街でありながら、その喧騒を忘れさせてくれます。

DSC_0032
入原幕コラージュ展「混沌とした部屋」風景

今年で12年目を迎える本ギャラリーでは、企画展とレンタル半々で展覧会が行われています。

「場所がオフィス街なので、いろんな目的のお客さんがいらっしゃいます。カフェが目的で入ったお客さんにも、開かれたギャラリーでありたいと思っています。だから展示を決める時は、作品そのものはもちろんですが、ギャラリーに訪れる人がよりアートと関われることも意識しています。そして、作家さんに還元していくという意味でも、絵を買う・作品を買うという行為がより広まると良いなと思い展覧会を開催しています」とギャラリーの石川さん

DSC_0048
入原幕コラージュ展「混沌とした部屋」風景

DSC_0039
入原幕コラージュ展「混沌とした部屋」風景

今回そんなギャラリーで行われているのは、入原幕 コラージュ展 「混沌とした部屋」。
作家の入原幕は、5~6年前から雑誌の切り抜きや写真、自作のイラストをコラージュをすることで作品を作っています。

コラージュとは、「糊付け」することを意味する言葉。自分で作品のすべてを描くのではなく、ありとあらゆる要素(写真や新聞の切り抜き、様々な画像)を集め、それを組み合わせて一つの作品にする技法です。

彼女の作品では、女性や花、化粧品やバッグなど可愛らしく美しい物から、おじさんやお肉など可愛いとは少し離れたものまでさまざまな画像がコラージュされています。

雑然と並べられたようで、隙間なく埋められた作品たちには、几帳面さとどこか丁寧さを感じられます。可愛らしく、その情報量と配置の意外性に少しドキドキさせられ、時には笑わせてくれる不思議な作品たち。

DSC_0079
入原幕コラージュ展「混沌とした部屋」風景

その様子は、作品同士がコラージュ作品をつくりあっているよう。

「作成する時は、『どの写真を使うかを決める』『並べて継ぎ足していく』『糊で貼る』という工程を経ています。絵の具を作っていく事と同じで、最初から使いたいものがあるわけではないので、作りながら増やしていくように作っています。

構図や配置を決める工程では、何か伝えたいから作ると言う事はあまり無く、
此処にこれを置いたら面白いなとか、この配置なら可愛らしいなとかそんな感じで考えています。

絵を見る時に、いろいろ考えてみるのも、直感的に見ていただくのも何方の見方も良いなと思っているので、いろんな人に、いろんな角度から作品を見て欲しいですね」と入原幕さん

DSC_0064
入原幕コラージュ展「混沌とした部屋」風景

DSC_0063
入原幕コラージュ展「混沌とした部屋」風景

コラージュ作品だけでなく、作家の描いたイラストレーションやテキスタイル作品も展示されています。
テキスタイルの作品を展示するのは、今回が初の試みです。

ほとんどの作品が販売されているのですが、作家本人曰く『すごい(安い)』値段で販売されています。一番安い値段のもので、150円から。ポストカードを買う感覚で、作品を購入することが出来ます。

作家の頭の中の映像を、コラージュにした作品たち。
まとまっているようで、混沌とした作品たちをお楽しみください。

【展覧会概要】
入原幕 コラージュ展 「混沌とした部屋」
http://www.calobookshop.com/
期間:7月18日~7月30日
会場:Calo Bookshop and Cafe
(大阪市営地下鉄四つ橋線四つ橋線 肥後橋駅から徒歩一分の若狭ビル5階)
観覧料:無料
時間:(平日)12時〜19時
 (土曜)12時〜18時
※日曜日と月曜日は定休日です。
また、最終日30日は17時までです。

作家在廊予定日:7/18(月/祝)、19(火)、22(金)、23(土)、26(火)、30(土)

Rei Nakadani

Rei Nakadani . 岐阜県出身。京都の外れの、総合大学に通う。文系大学生。絶賛就職活動中。学生団体で、フリーペーパー作成や、インタビュー記事の作成など、モノを書く、モノを作ることを少しだけしている。元美術部で、イラストを描いていたが、芸術の世界があまりわかっていない。わからないからこそ、楽しい芸術を発見したい。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use