Mobile Talk #01 Osaka

東アジアのキュレーター、アーティスト、デザイナー、パブリッシャーが集うクリエイティブ・ギャザリング、FLAGスタジオ(大阪・江之子島)で7月30日(土)開催!

In ニュース by KABlog 2016-07-26

mobiletalk_banner

アジア初体験は、高校の修学旅行で行った韓国。釜山から入り、ソウルまで巡る旅だったが、全然楽しめずに宿舎で友人たちと悪ふざけ。結果、一週間の停学処分を受けるという後味の悪いものとなった。それ以降も、香港やシンガポールなどいくつかのアジアの都市を訪れたけれど、特にハマるということはなく、好んで行く旅行先はいつもヨーロッパ。仕事でもイギリスやデンマークのデザイン・エージェンシーで働いてきた。

そんな私がアジアにハマるきっかけとなったのは、日本タイポグラフィ協会の広報誌『typographics ti:』。2011年から2年間8号にわたり関西のデザイナーを中心に制作を担当したのだが、ほぼ素人同然のメンバーで面白いものをつくるには、一次情報を足で稼ぐしかないと思い、当時、大御所以外あまり紹介されておらず情報が薄いという理由でアジアのグラフィックデザイナーたちに直接会いに行くことにした。

ソウル、香港、シンガポール、台北、深圳、バンコク、北京の計7都市を取材。「この経験でアジアのデザインに衝撃を受けた」などと書けば話としてはおもしろいのかもしれないが、実際はそこまでの体験ではなかった。ではなぜアジアにハマることになったのか? それは、今までほとんど知らなかった近隣の国に面白いやつらがたくさんいるという、考えれば当たり前の「発見」。話し込んだり、飲みに行ったり、一緒にものづくりをしたり(『typographics ti:』の表紙は、毎号現地のデザイナーにデザインしてもらった)することで、「同志」になれるという体験をしたことが大きい。

その後、当時大阪にあったdddギャラリーと香港のK11でイベントを行い、また、グラフィックデザイン誌『アイデア』で、『typographics ti:』の延長戦的な連載「Yellow Pages」をソウルのデザイン・デュオSulki & Minと香港のデザイン・エージェンシーMilkxhakeJavin Moとともにつくるなど、アジアの友人と日本の友人とつなぎ、体験を共有・拡張するための活動を行ってきた。

その最新型が、7月30日土曜日に、大阪・江之子島のFLAGスタジオで開催する「Mobile Talk」だ。大阪を皮切りに、10月に香港、11月に台北で開催する移動型のトークイベントで、来年以降の開催も予定している。グラフィックデザイナーにフォーカスしていたこれまでの活動から領域を拡げ、大阪では、「アルスエレクトロニカ」や「文化庁メディア芸術祭」での受賞歴も持つ香港のメディアーティストKeith Lam、中国で数々の大規模デザイン・建築展を手がけたキュレーターのオウ・ニン、中国のフォトブックパブリッシャー「偽雑誌」のヤン・ヨウ、そして、オランダでキャリアをスタートさせ、現在はソウルを拠点に世界的に活動するグラフィックデザイナーのナ・キムを迎える。

テーマは「#independent/#collective(個と集合体)」。インターネットはもちろん、AirbnbやLCCが普及した移動の時代に可能な「個人として活動しながら、プロジェクトに応じて集合体となる有機的な働き方」を実践するゲストに話を聞き、アジア都市間の流動的なコミュニティを築く試み…と書けば堅く聞こえるかもしれないが、要は、アジアの各都市に友人がいて、気軽に現地で一緒に食事をしたり呑んだり、あるいは、仕事をしたりという状況がつくれたら面白い! という主催者の思いに反応する「同志」が集まるイベントになればと思っている。幸いにも大阪は日本におけるLCCの中心都市。アジアへの扉は開いている。

【イベント情報】
アジアを旅する移動型トークイベント「MobileTalk」
日時:2016.7.30|土| 15:00-18:00(トーク15:00-17:00・交流会17:00-18:00)
会場:FLAG studio
住所:大阪市西区江之子島2-1-37 阿波座ライズタワーズフラッグ46 1階
ゲストスピーカー:ナ・キム(韓国/グラフィックデザイナー)、オウ・ニン(中国/キュレーター)、キース・ラム(香港/ニューメディア・アーティスト、メイカースペース「LAB」主宰)、ヤン・ヨウ(中国/独立系写真出版社「Jiazazhi Press」主宰)
進行:後藤哲也(OOO Projects)※逐次通訳有
主催:DECOBOCO
企画・運営:OOO Projects、Milkxhake
料金:前売4,000円/当日4,500円(軽食と1ドリンク付)※要予約
http://www.enokojima.info

(ライタープロフィール)
後藤哲也
OOO Projectsデザイナー。近畿大学文芸学部専任講師。
Http://www.outofoffice.jp

KAB Team

KAB Team . Kansai Art Beatのニュースをお伝えします。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use