【9/2.3.4】音楽・アート・ダンス・伝統・地域。多様なジャンルが越境する「OKAZAKI LOOPS」

名和晃平や高木正勝、真鍋 大度など豪華メンバーが集結。岡崎エリアを巡る新しい形の「音楽祭」。

In KABからのお知らせ トップ記事 by KABlog 2016-08-01

平安神宮、劇場、美術館、公園、動物園などが集まる京都の文化ゾーンの一つ「岡崎」。OKAZAKI LOOPSは、 2016年1月にリニューアルオープンしたロームシアター京都を中心に、この岡崎エリアを舞台に開催される、新しい形の「音楽祭」。音楽ライブやダンス公演に加え、トークやワークショップ、作品展示、フードコートなど、岡崎エリアを巡りながら出会い、体感できる多彩なプログラムが展開されます。

音楽・アート・ダンス・伝統と各分野の第一線で活躍するクリエイターたちをディレクターに迎え、異なる視点からのキュレーションやコラボレーションによる先鋭的な演目を鑑賞できます。

2日は、YEN TOWN BANDと京都市交響楽団による一夜限りの前夜祭「SYMPHONIC EVOLUTION SPECIAL」が開催。3日からは、LOOPSディレクター・首藤康之と細尾真孝による「LOOPS オープニング」を皮切りに、国際的に希少な公演がくり広げられます。

首藤康之と細尾真孝による LOOPS オープニングセレモニー+特別プログラム「LOOPS オープニング」

今年が初開催となる京都岡崎音楽祭OKAZAKI LOOPSの開会を宣言する記念セレモニーとともに、LOOPSディレクター・首藤康之と細尾真孝が、オープニングのための特別プログラムを披露します。二人の出会いから生まれた、バレエと西陣織が織りなす新たな舞台表現。世界的に評価の高い振付家・中村恩恵が振付・演出を手掛け、ベルリンを拠点に活躍する気鋭のピアニスト・福間洸太朗が出演。

4日には、「OKAZAKI LOOPS ディレクターズトーク」が開催。プログラムの内容についてや、制作の裏話などディレクターが自ら語るトークイベントとなります。

【OKAZAKI LOOPS DIRECTORS】プロフィール詳細はこちら

高木正勝コンサート「大山咲み(おおやまえみ)」

ピアノ、アイヌ歌唱、パーカッション、ジプシーヴァイオリン、インド楽器、など多様な文化の音楽を融合させながら、村の祝祭を舞台上に再現するかのような、高木正勝のコンサート「山咲み」のLOOPSスペシャルバージョン。

名和晃平 × ダミアン・ジャレによる新作パフォーマンス「VESSEL」

京都を拠点とする彫刻家、名和晃平とベルギーを拠点とするダンサー及び振付家、ダミアン・ジャレによる新作パフォーマンス。出演者に森山未來やエミリオス・アラポグルを迎え、固体と液体、エロスとタナトスなどの二元性の世界に漂うあいまいな境界線を探る実験的な作品。

ミルフォード・グレイヴス&土取利行 パーカッションデュオ『宇宙律動』

「現代最強のドラマー」として確たる地位を得たミルフォード・グレイヴスと、ミルフォードをして「限りなく静謐で限りなく柔軟でありうる」と言わしめた土取利行。このパーカッショニストの世界の双璧が、表層的なフュージョンではない真のアンサンブル・ミュージックを目指して、岡崎で邂逅します。

OKAZAKI LOOPS SPECIAL LIVE featuring 大橋トリオ (Opening Act:信近エリ)

あらゆる楽器をこなすマルチプレイヤーであり、ジャズ及びアコースティックをベースに、映画やドラマ、CMなどの音楽制作、アーティストら(小泉今日子、SMAP、山下智久ほか)への楽曲提供、アレンジプロデュースなど幅広く活動中する大橋トリオのOKAZAKI LOOPSスペシャルライブ。Opening actにがぜん注目度の高くなっているシンガー信近エリも登場。

ALMA MUSIC BOX : 死にゆく星の旋律コンサート with 京都市交響楽団

「ALMA MUSIC BOX」とはアルマ望遠鏡が捉えた、寿命を迎えようとしている星から届いたデータをオルゴール盤に置き換えた作品。その音源をもとに、伊藤ゴローやクリスチャン・フェネス、蓮沼執太、mito(クラムボン)など国内外で活躍するミュージシャンが楽曲を制作し、京都市交響楽団とともに奏でる、壮大なスケールのコンサートの世界初上演。

※アルマ望遠鏡:世界21の国と地域が共同で運用する史上最大規模の南米チリの砂漠に建設された電波望遠鏡

「2045」 Daito Manabe × Yusuke Tomoto × 2bit Ishii、徳井直生 他

先駆的なアーティストして世界的に活躍するメディアアーティスト真鍋大度と、プログラマ、工学博士、DJ、アーティストと多様な肩書きを持つ徳井直生の二人がオーガナイズするイベント「2045」。


音楽ライブ 蓮沼執太 OKAZAKI AMBIENT

蓮沼執太が澤井妙治、クリスチャン・フェネス、他、さまざまなミュージシャンと共に新たな音響空間を作るアンビエント・シリーズの岡崎バージョン。

その他、伝統工芸ワークショップや野外ライヴ、京都クラブメトロでのアフターパーティーなど関連イベントも盛りだくさん。歴史ある岡崎という土地で、クラシカルな音楽からメディアアートまで交差する革新的なオトナの文化祭。ぜひ、今年の秋に堪能されてみては?

Mari Endo

OKAZAKI LOOPS(オカザキ ループス)
オフィシャルページはこちら
okazaki-loops.com

KAB Team

KAB Team . Kansai Art Beatのニュースをお伝えします。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use