「OKAZAKI LOOPS 京都岡崎音楽祭」フォトレポート

音楽、アート、ダンス、伝統工芸、地域、ジャンルを越境する音楽フェス「OKAZAKI LOOPS 京都岡崎音楽祭」が9月2日より開催中

In トップ記事 フォトレポート by KABlog 2016-09-03

京都の岡崎でジャンルを越境するイベント「OKAZAKI LOOPS 京都岡崎音楽祭」が只今開催中です。

平安神宮、劇場、美術館、公園、動物園などが集まる京都の文化ゾーンの一つ岡崎エリア内、2016年にリニューアルオープンしたロームシアター京都を中心に、音楽、アート、ダンス、伝統工芸などの表現、作品が一堂に会する新しい形の音楽祭としての試みです。

「OKAZAKI LOOPS」、2日目土曜日の様子をフォトレポートします。

オープニングセレモニーではバレエダンサー首藤康之と西陣織の細尾真孝による特別公演が行われ、幻想的なパフォーマンスが大勢の聴衆を魅了し、本イベントの幕開けとなりました。

メイン会場から道を隔てた向かいの会場では「ALMA MUSIC BOX:死にゆく星の旋律」 with京都市交響楽団による公演も。南米のチリの砂漠に建設されたアルマ望遠鏡が捉えた、寿命を迎えようとしている星から届いたデータをもとに、国内外で活躍するミュージシャンによる壮大な交響曲のパフォーマンスが会場に鳴り響きました。

メイン会場内にある特別展示「音をとらえる」では、国内外で活躍する7組のアーティストによる音をモチーフにした作品の展示を気軽に楽しむことができます。

最終日の4日は、大橋トリオのスペシャル・ライブや、名和晃平が舞台美術を手がけ、ベルギーのダンサー ダミアン・ジャレや森山未來などが出演するダンスパフォーマンス「VESELL」など国際的に希少な公演が引き続きくり広げられるほか、無料で楽しめる野外ライブや、平安神宮を中心に複数の場所を移動しながら展開する朗読劇「LOOPS READING THEATER」、「岡崎LOOPS」の制作についてディレクター自らが語るトークイベントなどのプログラムが予定されています。

その他、伝統工芸ワークショップや野外ライヴ、京都クラブメトロでのアフターパーティーなど関連イベントも盛りだくさん。歴史ある岡崎という土地で、クラシカルな音楽からメディアアートまで交差する革新的なオトナの文化祭。京都の岡崎で、世界中のエッジな文化を堪能できるこのイベントに、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

OKAZAKI LOOPS(オカザキ ループス)
オフィシャルページはこちら
okazaki-loops.com

KAB Team

KAB Team . Kansai Art Beatのニュースをお伝えします。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use