「IAAF世界陸上2007大阪開催記念 イタリアデザイン界のマエストリ達」展

大阪市立美術館

このイベントは終了しました。

本展では、イタリアのミラノ市とラ・トリエンナーレ・ディ・ミラノ財団の全面協力を得て、同財団が所蔵する椅子やランプなど、世界的に評価の高いデザイナー24名によるプロダクト作品約110点を展示します。実用性はもとより、斬新な造形と機能性、新しい素材を採り入れた作品を通して、世界のデザインをリードし続けてきたイタリアの豊かな創造力の魅力を紹介します。
この展覧会は、「IAAF世界陸上2007大阪」(8/25〜9/2長居陸上競技場)の関連事業として、また昨年、姉妹都市提携25周年を迎えたミラノ市との交流事業として、大阪における国際文化交流事業のひとつとして開催します。
ミラノ市は紀元前4世紀からの歴史を有し、町並みには中世の名残りを留めながらも最新流行のファッションを発信する、歴史と時代の最先端を同居させた魅力的なまちです。そのファッションやビジネスのまちのイメージを造ったデザイン界の巨匠たち(イタリア語で「マエストリ」)の作品は、世界的に大きな影響を与え、町中や、日常生活の中で、今も息づいています。
今回の展覧会は、そのようなミラノの文化・芸術の魅力を伝えようとするもので、作品の一つひとつが魅力的であるのはもちろんですが、これらの芸術的なイタリアデザインを育んできたミラノという都市の持つ歴史や文化について理解いただく機会になればと考えています。

メディア

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use