手塚治虫 展

滋賀県立近代美術館

poster for 手塚治虫 展
[画像:《リボンの騎士》(C)手塚プロダクション]

このイベントは終了しました。

「ストーリーマンガ」と呼ばれる新たなマンガ表現を確立し、アニメーターとしては国産初の本格的なテレビアニメシリーズを成功させた手塚治虫(1928-89)。“マンガの神様”と称され、生涯に手がけたマンガは原稿にして約15万枚、アニメーションは約70作品に及ぶと言われています。常に新しい表現に挑み続け、まさに日本のマンガ・アニメ界に金字塔を打ち立てた巨匠と言えるでしょう。その物語やキャラクターたちは、没後20年以上経った今もなお日本中、あるいは世界中の人々を魅了してやみません。代表作の1つである「鉄腕アトム」は、2013年にテレビ放送開始から50年を迎え、また2011年には晩年に10年以上を費やして描かれた大作「ブッダ」が映画化されました。
この手塚治虫の生涯と業績に多角的な視点から迫る本展は、手塚の代表的なマンガ作品の直筆原稿や、生涯に手がけた膨大な数のマンガとアニメーションの中から厳選した原画・映像・資料、さらには生前の愛用の品など約170点を紹介。制作の手法とその効果を検証するとともに、作品と作者の言葉を通して手塚が未来へと託したメッセージを展覧します。また、展示室の一角には手塚治虫の仕事部屋を再現します。

[関連イベント]
映画上映会「劇場版 ジャングル大帝(1997)」
日時: 7月21日(月・祝)10:30〜12:30、14:00〜16:00
会場: 滋賀県立近代美術館講堂
定員: 各回150名(当日先着順)
参加費: 無料(要観覧券)

講演会「アニメへのまなざし - 手塚アニメが遺したもの - 」
日時: 8月10日(日)14:00〜15:30
講師: 桑原圭裕(関西学院大学文学部助教)
会場: 滋賀県立近代美術館講堂
定員: 150名(当日先着順)
参加費: 無料

ギャラリートーク
日時: 7月27日(日)13:00〜14:00
講師: 清水義裕(手塚プロダクション著作権事業局局長)
会場: 滋賀県立近代美術館企画展示室1・2
参加費: 無料(要観覧券)
※詳細は公式ホームページをご確認下さい。

メディア

スケジュール

2014年07月12日 9:30 ~ 2014年08月31日 17:00
7月21日(月)は開館、7月22日(火)は休館

アーティスト

手塚治虫

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use