「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

京都国立近代美術館

poster for 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
ブックマークする [0]
オススメする [0]

 

あと40日で開始

この展覧会では、ファン・ゴッホと日本との相互の関係が2部構成で紹介されます。
[第1部 ファン・ゴッホのジャポニスム]
ファン・ゴッホは、日本から如何なる影響を受け、如何なるイメージを抱いていたのか。国内外のコレクションから厳選したファン・ゴッホ作品約40点と、同時代の画家の作品や浮世絵など50点あまりによって、その実像が多角的に検証されます。
[第2部 日本人のファン・ゴッホ巡礼]
最初期における日本人のファン・ゴッホ巡礼を、ガシェ家の芳名録に基づいた約90点の豊富な資料によってたどります。日本を夢想したファン・ゴッホ。ファン・ゴッホに憧憬した日本人。交差する夢の軌跡がご覧いただける展示です。

【関連イベント】
記念講演会「〈ファン・ゴッホと日本〉についての最新の知見」
日時:1月20日(土) 14:00~15:30
講師:圀府寺司(大阪大学文学研究科教授/本展総合監修者)
定員:先着100名
参加費:無料(本展の観覧券が必要です)

記念トークショー「《ラングロワの橋》―断片をもとに失われた作品を復元する挑戦―」
日時:2月4日(日) 14:00~15:30
講師:圀府寺司、古賀陽子(画家/全編油絵のアニメーション映画「ゴッホ~最期の手紙~」に日本人で唯一参加)
定員:先着100名
参加費:無料(本展の観覧券が必要です)

ギャラリートーク
日時:1月27日(土)、2月17日(土) いずれも18:00~19:00
※各日とも、先着20名、当日17:00より1階受付にて整理券を配布します
※聴講無料(本展覧会の観覧券が必要です)

ファミリーアワー!美術館でゴッホモーニング
日時:2月12日(月・振休) 8:30から
対象:中学生以下のこどもとその家族50組
※要事前申込、詳細は随時公式サイトに掲載されます。

メディア

スケジュール

2018年01月20日 9:30 ~ 2018年03月04日 17:00
金曜・土曜は20:00まで開館、2月12日(月・休)は開館、2月13日(火)は閉館

ホームページ

http://gogh-japan.jp/

入場料

一般 1500円(前売り1300円)、大学生 1100円(前売り 900円)、高校生 600円(前売り 400円)、中学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方は付添者1名まで無料

アートスペースの開館時間

9:30から17:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、展示替期間・年末年始休館

アクセス

〒606-8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
電話: 075-761-4111

地下鉄東西線東山駅より徒歩10分

Google map

このイベントに行かれる際には、関西アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use