最も人気 (rss)

  • poster for 「ウィリアム・モリス -デザインの軌跡」

    「ウィリアム・モリス -デザインの軌跡」

    ブックマークする[3] 
    オススメする[0]
    • アサヒビール大山崎山荘美術館にて
    • 京都府(その他)エリア
    • 〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
    • メディア グラフィックデザイン ・ 版画 ・ 彫刻・立体 ・ プロダクト
    • 22日後終了

    ウィリアム・モリス(1834-96)は、19世紀後半のイギリスで最も傑出した芸術家・思想家のひとりです。モリスのデザインは多くの人に愛され、その創作の心は現代においても、色あせることなく息づいています…詳細 »

  • poster for 「Back to 1918 :10 年ひとむかしと人は言う」

    「Back to 1918 :10 年ひとむかしと人は言う」

    ブックマークする[2] 
    オススメする[0]
    • 兵庫県立美術館にて
    • 神戸市エリア
    • 〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 本日終了

    今回の県美プレミアムでは、2008年、1998年と10年ごとに時間をさかのぼり、その年に生まれた作品やその年の出来事に関連のある作品が紹介されます。その年を反映した作品もあれば、同時代の動きからは超然…詳細 »

  • poster for 澁谷征司 「A CHILD」

    澁谷征司 「A CHILD」

    ブックマークする[4] 
    オススメする[0]
    • 京都アートホステル クマグスクにて
    • 京都市中京区エリア
    • 〒604-8805 京都市中京区壬生馬場町37-3
    • メディア 写真
    • 56日後終了

    KYOTO ART HOSTEL kumagusukuでは、企画展第4弾として 『澁谷征司 写真展 「A CHILD」』を開催します。東京で生まれ育った澁谷征司は、幼少期よりこの世界の風景に興味を抱き…詳細 »

  • poster for コシノヒロコ 「綺羅 - 東洋と西洋の輝き - 」

    コシノヒロコ 「綺羅 - 東洋と西洋の輝き - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • KH ギャラリー芦屋にて
    • 兵庫県(その他)エリア
    • 〒659-0003 兵庫県芦屋市奥池町17-5
    • メディア 絵画 ・ ファッション
    • 47日後終了

    本展では、ヒロココシノコレクション作品と絵画を中心に、東洋と西洋の美が融合したきらびやかな世界がご覧いただけます。コシノは日本から世界へ独自のファッションを発信してきた経験から、日本の伝統的な文化に現…詳細 »

  • poster for 第73回企画展 「テヅカツ! - 手塚治虫×アイカツ!シリーズ - 」

    第73回企画展 「テヅカツ! - 手塚治虫×アイカツ!シリーズ - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 宝塚市立手塚治虫記念館にて
    • 兵庫県(その他)エリア
    • 〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町7-65
    • メディア グラフィックデザイン ・ 建築 ・ ファッション ・ 映像・映画
    • 明日で終了

    2017年10月に5周年を迎えた「アイカツ!シリーズ」の記念展である本企画展では、作品が歩んできた歴史や作品世界を理解するための設定資料などの「パネル展示」や、「アイカツ!」の主人公・星宮いちごが学内…詳細 »

  • poster for 「The Legacy of EXPO’70 Ⅱ リバース-太陽の塔再生」

    「The Legacy of EXPO’70 Ⅱ リバース-太陽の塔再生」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • EXPO’70パビリオンにて
    • 万博記念公園エリア
    • 〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園10-10
    • メディア 彫刻・立体 ・ 映像・映画
    • 9日後終了

    3月19日から始まる太陽の塔内部公開を記念した展覧会です。本展では、内部公開に至った太陽の塔再生の目撃者として、再生に至る関係者のインタビューが記録、上映されます。また、大屋根から顔を出し、万博のテー…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use