展覧会「集団_展示」

京都の若手作家11名による展覧会 11月28日(火)まで。

In トップ記事小 フォトレポート by Tsuyoshi Yamada 2017-11-25

現在、大阪の北加賀屋のコーポ北加賀屋と千鳥文化B棟にて、京都市立芸術大学大学院彫刻専攻在籍の作家11名による展覧会「集団_展示」が開催されています。

この展覧会では、個々人の作品展示とともに、展覧会の会場にステージと呼ばれるエリアをつくり、毎日のようにイベントが開催されています。

ステージは、作家たちが日頃制作している部屋にある共有のテーブルを模しており、各々の活動や作品は個々に異なっているが、作品は他の作家たちとの相関や集団の中で起こる運動から影響を受け、さらに集団としての運動に影響を与えているというような考えのもと、「集団の結び目を展示する」場所として設置されています。

この展覧会では、彼らをひとつの集団として捉え、個々の作品と同時に集団そのものの展示を試みています。

会場となるコーポ北加賀屋は、7つの事務所やNPOやアトリエ、木工所等が入っている施設で、展覧会期間中も日々人の出入りがあり、初めて来られる方は、どこからどこまでが展覧会なのか分からなかったり、どのような形態で開かれているのか疑問に思う方が多いと思います。

また大阪・北加賀屋の旧文化住宅を、「継ぐかたち」をコンセプトに改修した千鳥文化は、建物が船や廃屋から調達したと思われるブリコラージュの木造建築であり、空間のユニークさをそのまま保存しつつ、新たなコンテンツをインストールするカタチで、新たなクリエイティブな拠点として今年できた施設です。

さまざまな要素が入り組んだ展覧会で、どこからが作品なんだろうと考えをめぐらせるのも面白いかもしれません。また日中と日が暮れてからでは展覧会の雰囲気も変わりますので、一度行かれた方もまた違った時間に行ってみるのもいいかと思います。この機会に是非一度北加賀屋に足を運んでみてはいかがでしょうか?

写真:守屋友樹

【展覧会概要】
集団_展示
https://syuudantenji.wixsite.com/exhibtion

会期:2017年11月15日(水)~11月28日(火)会期中無休 
時間:12:00-20:00
会場:コーポ北加賀屋、千鳥文化B棟(大阪府大阪市住之江区北加賀屋)
出展作家:川瀬鮎美、楠井沙耶、黒川岳、小林椋、堂本佳澄、野村由香、福本早侑里、ベーハイム雪絵、宮木亜菜、村上美樹、湯本祐生(京都市立芸術大学大学院彫刻専攻在籍)
企画:新井優希(京都市立芸術大学大学院在籍)、耕三寺功三(京都造形芸術大学在籍)、藤本悠里子(秋田公立美術大学大学院在籍)
助成:あきびネット

【イベント情報】
11月26日12:00〜 The BLACK RIVER Circles
本展覧会の出展者や北加賀屋の住民が乱数によって当日指定される配置と時間に基づき大小様々な大きさのステージ上で同時多発的にパフォーマンスを行う。さらには車や水、たまたま会場に通りがかった風までもがステージに登場し織りなす大響宴!!

11月26日18:00〜 作家によるギャラリートーク

Tsuyoshi Yamada

Tsuyoshi Yamada . 東京都小平市生まれ、武蔵野美術大学芸術文化学科卒業。長らく武蔵野美術大学で、研究制作を続けて、その傍ら、美術展企画や舞台制作、ドキュメンタリー制作などに尽力を注ぎ、芸術と美術、作家と作品、ものつくりの世界に触れる。2013年京都に拠点を移し、デザインとアートの世界の周辺に身を置いている。株式会社モーフィング所属。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use