京都市立芸術大学 作品展2017

本年度より学内をメインにした若き作家たちの展覧会は、11日(日曜日・祝日)まで

In トップ記事小 フォトレポート by Tsuyoshi Yamada 2018-02-09

京都市立芸術大学では、2018年2月7日(水曜日)~11日(日曜日・祝日)の期間中作品展を開催しています。例年、京都市美術館での開催ですが、本年は美術館の改装工事に伴い、学内での展示がメインとなります。同大学の作品展の特徴として、全学年が展示に参加しているのも特徴的です。大学に入りたての一回生から、大学院生、そして博士課程に所属する学生まで展示を行っています。

■京都市立芸術大学学内展

また別会場として、京都市美術館別館と元崇仁小学校でも展覧会が開催されています。

■京都市美術館別館

■元崇仁小学校

美術館の改修工事に伴って、例年にない規模での学内展は、芸術大学という異空間を楽しむ機会でもあります。若き作家たちの学びの場所を作品の展示とともに楽しみに来てください。

【展覧会概要】
京都市立芸術大学 作品展
http://www.kcua.ac.jp/arts/exhibition/

会期
2018年2月7日(水曜日)~11日(日曜日・祝日)
9時~17時(入場16時30分まで)入場無料 ※各日,各会場とも

会場
第1会場 京都市立芸術大学(京都市西京区大枝沓掛町13-6)
展示する専攻:日本画,油画,彫刻,版画,構想設計,陶磁器,漆工,染織,総合芸術学(芸術学),(保存修復)※( )は大学院修士課程の名称

第2会場 京都市美術館別館(京都市左京区岡崎最勝寺町13)
展示する専攻:デザイン基礎,ビジュアル・デザイン,プロダクト・デザイン

第3会場 元崇仁小学校(京都市下京区川端町)
展示する専攻:ビジュアル・デザイン,環境デザイン

スペシャルトークイベント
京都市立芸術大学会場において,本学学長の鷲田清一と,本学修了生で美術家のやなぎみわさんによるトークイベントを実施します。
日時:2月11日(日曜日・祝日) 14時から
場所:京都市立芸術大学 交流室
出演者:鷲田清一(本学学長)やなぎみわ(本学修了生・美術家)
司会:石橋義正 (本学美術学部構想設計専攻 准教授)

Tsuyoshi Yamada

Tsuyoshi Yamada . 東京都小平市生まれ、武蔵野美術大学芸術文化学科卒業。長らく武蔵野美術大学で、研究制作を続けて、その傍ら、美術展企画や舞台制作、ドキュメンタリー制作などに尽力を注ぎ、芸術と美術、作家と作品、ものつくりの世界に触れる。2013年京都に拠点を移し、デザインとアートの世界の周辺に身を置いている。株式会社モーフィング所属。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use