「なにわ人物誌」展

大阪歴史博物館

poster for 「なにわ人物誌」展

このイベントは終了しました。

大阪にゆかりのふたりの人物がそれぞれ生誕100年、没後100年を迎えることを記念し、特別展「なにわ人物誌」を開催します。
そのひとりは、明治41年2月に生涯を閉じた、大阪の美術・茶道・能楽の振興と発展に貢献した平瀬露香(ひらせ・ろこう)です。露香は、幕末に大阪屈指の両替商として知られた千草屋の当主となり、明治維新後は大阪財界の要職を歴任した経済人でもあります。
もうひとりは、明治40年12月に、当時の大阪市東区鎗屋町(やりやまち)で生まれた月山貞一(がっさん・さだいち)。幕末に山形から大阪に移住して以降、現代に至るまで日本刀の一大流派であった大阪月山派の刀工で、重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)です。
近代大阪の文化を支えた平瀬露香と月山貞一。ふたりに関係した作品・資料を、第1部、第2部に分けて一堂に展示し、大阪の文化力と技術力を、広く紹介します。
※6F特別展示室にて展示

ギャラリートーク 1月20日(日)14:00〜、2月17日(日)14:00〜
月山貞利(奈良県指定無形文化財保持者・全日本刀匠会会長)
※6F特別展示場にて

【画像:松原三五郎「平瀬露香像」(明治時代) 個人蔵】

メディア

スケジュール

2008年01月19日 ~ 2008年03月10日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use