「地獄と極楽 ―“あの世”のイメージ―」展

和歌山県立博物館

このイベントは終了しました。

命あるものが避けることのできない「死」という現象。かつて人々は、死後の世界を“この世”から続く別の世界ととらえ、様々な”あの世“のイメージを造り上げてきました。お盆の時期に、地獄絵や浄土図などから、昔の人々が抱いた死生観を改めて考えてみたいと思います。

メディア

スケジュール

2007年07月21日 ~ 2007年08月19日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use