「京都からアフリカへ - 大同マルタコレクションにみる1960年代京都の捺染産業 - 」展

京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

poster for 「京都からアフリカへ - 大同マルタコレクションにみる1960年代京都の捺染産業 - 」展

このイベントは終了しました。

1960年代の京都では、機械捺染の技術によりアフリカ向けの衣料が大量に生産されていたが、そのことは現在ほとんど知られていない。 アフリカの民族衣装がじつは遠く離れた日本で生産されていたということ、京都という伝統産業の地でアフリカ向けの衣料が生産されていたということ。 このような伝統と現代、アフリカと京都という二つの意外な組み合わせがこのコレクションからみてとられる。
本展では、この大同マルタ会のコレクションを展示することで京都の捺染産業の変遷のなかにアフリカの染織を位置づけ、 1960年代京都の捺染産業の足跡を追う。あわせて、大同マルタコレクションのなかから、 プリント見本として収集されたアフリカ、インド、インドネシア、中南米、フィジーなどの衣装や裂を地域別に展示し、各地域の染色技法をご紹介。

[関連イベント]
「大同マルタ会会員によるトークショー」
日時: 2013年8月10日(土) 11:00〜
場所: 京都工芸繊維大学美術工芸資料館1階ホール
※申し込み方法等は公式ホームページでご確認ください

「ギャラリートーク」
日時: 2013年8月10日(土) 14:00〜
場所: 京都工芸繊維大学美術工芸資料館1階
※申し込み方法等は公式ホームページでご確認ください

メディア

スケジュール

2013年05月27日 10:00 ~ 2013年08月10日 17:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use