「女性が描いた昭和のエレガンス - 梶原緋佐子・広田多津・三谷十糸子・北沢映月 - 」展

堂本印象美術館

poster for 「女性が描いた昭和のエレガンス - 梶原緋佐子・広田多津・三谷十糸子・北沢映月 - 」展

このイベントは終了しました。

近代から現代にかけて、京都では数多くの女性画家が輩出されました。特に、大正から昭和期には、女性や子どもをモチーフに、その時々の時世を鮮やかに反映させた作品を世に送り出した女性画家の活躍が見られます。本展では、京都ゆかりの女性画家として梶原緋佐子、広田多津、三谷十糸子、北沢映月をとりあげます。菊池契月に師事した梶原緋佐子は、同時代の女性をリアルに描いた後、独自の美人画を大成しました。また、西山翠嶂に学んだ広田多津は、舞妓や裸婦をテーマに女性美の本質を追求しました。そして西山翠嶂門下に入り京都で画道を切り開いた三谷十糸子は詩的な人物表現を展開し、北沢映月は上村松園と土田麦僊に学んだ後、装飾性と写実的な描写を調和した画風を築きあげました。これら4人による女性ならではの繊細で叙情あふれる世界を紹介します。

[関連イベント]
講演会「昭和を生きた女性画家」
日時: 10月27日(日)14:00 - 15:30
講師: 吉中充代(京都市美術館学芸課長補佐)

講演会「華やぎの昭和ファッション」
日時: 11月10日(日)14:00 - 15:30
講師: 青木美保子(京都女子大学家政学部生活造形学科准教授)

ギャラリーツアー「当館学芸員と一緒に会場を回り、作品の魅力を発見しましょう。」
日時: 10月19日(土)、11月2日(土)14:00 - 14:30
場所: 一階ロビー集合
ナビゲーター: 山田由希代(当館主任学芸員)

※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2013年10月10日 9:30 ~ 2013年11月24日 17:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use