「スポンテイニアス・ビューティー - 作家のいない展覧会 - 」

京都芸術センター

poster for 「スポンテイニアス・ビューティー - 作家のいない展覧会 - 」

このイベントは終了しました。

本展は、タイトルが示す通り特定のアーティストによる作品展示を行わず、その代わりにキュレーターである笹原晃平が「京都」という街を7つのセクションからキュレーション(企画)するという新しいタイプの現代美術の展覧会です。
「スポンテイニアス/spontaneous」とは、「なりゆき・自発的」という意味の英語であり、本展では「なりゆきの美しさ」に着目してキュレーションが行われます。「なりゆきの美しさ」とは、街の中で忘れられてしまったもの、捨てられてしまったもの、無くなってしまったもの、消えていってしまったものの中に眠っている美しさです。これらは、ある個人の内省や感情からわき起こるものではなく、地域やコミュニティといったより大きな集団から創出される類の美しさです。それを個人的な意図や作家性を極力排除して、キュレーションという技術を最大限に研ぎ澄まして構成することで、一つの「展覧会」という形で披露されます。
本企画は、展覧会というある特殊な場において、これまでとは違ったスポンテイニアスな角度から、「京都」というある社会の一面を切り取りながら、同時にキュレーションや展覧会という方法論、そして作家性そのものに再考を促す機会となるでしょう。

[関連イベント]
• オープニングトーク「作家のいない展覧会は本当に成立したのか?」 笹原晃平×難波祐子
日時: 2月19日(日)14:00〜15:30
• オープニングパーティー
日時: 2月19日(日)16:00〜18:00
※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2017年02月18日 10:00 ~ 2017年03月26日 20:00

オープニングパーティー 2017年02月19日16:00 から 18:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use