「白の牙彫」展

清水三年坂美術館

poster for 「白の牙彫」展
ブックマークする [1]
オススメする [0]

 

24日後終了

明治時代、外国人の需要に応えて象牙の置物彫刻が数多く製作され、海を渡っていきました。高度な彫技によりかたどられた人物や動物などの牙彫(げちょう)作品は、象牙特有の柔らかな白色と相まって見た目にも美しく、当時、彫刻の世界は象牙で真っ白になったといわれるほど牙彫が隆盛しました。本展では帝室技芸員をつとめた石川光明(1852-1913)をはじめ、旭 玉山(1843-1923)や吉田道楽らの彫像、また象牙製の自在置物などが展示されます。

メディア

スケジュール

2018年02月24日 10:00 ~ 2018年05月20日 17:00

入場料

一般 800円、大学生・高校生・中学生 500円、小学生 300円、幼児 無料

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
月曜・火曜休館

アクセス

〒605-0862 京都府京都市東山区清水3-337-1
電話: 075-532-4270 ファックス: 075-532-4271

JR京都駅より206系統バス「清水道」下車徒歩5分

Google map

このイベントに行かれる際には、関西アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use