京都12のアトリエを一般公開する「Studio Exhivisit 2015」開催!

ー4月29日から5月10日の会期中には各種イベントも実施

In ニュース by Mitsuhiro Sakakibara 2015-05-04

topimage3

2015年4月29日から5月10日まで、京都12箇所のアトリエを一般公開するオープンアトリエ「Studio Exhivisit 2015」が開催されています。

今回公開される12箇所のアトリエの大部分は共同アトリエとなっており、普段は目にすることのできない制作の場とともに様々な作家による作品を見ることができます。唯一の共同アトリエではないスペースtraceについては以前こちらの記事で紹介しております。

Studio Exhivisit 2015に先駆けること2013年には、京都市立芸術大学@KCUAが主催した、京都の17の共同スタジオ(アトリエ)を紹介する展覧会『KYOTO STUDIO』があり、今回公開されているアトリエのいくつかもここで紹介されていました。2013年時点で「30軒以上ある」と言われていた共同アトリエに新たな顔ぶれが揃っていることを今回のオープンアトリエで知ることができます。なお、各アトリエでは同展覧会のドキュメントブックを入手できますので、ぜひ手にとってみてください。

今回のオープンアトリエにおけるもうひとつの特徴は、公開されるアトリエが作家ら自身で改修や手入れを行ってつくられたスペースである、ということ。もと飲食店だった場所をギャラリー&ショップに変えられているうんとこスタジオや、ほとんど民家のような環境のなかに作品がちりばめられることで特異な空間が生まれているshima、元カバン工場の事務所スペースに壁を打ち、制作する6名の作家独自の空間が分けられながらも混じり合っているpuntoなど。それぞれのアトリエのつくられ方はもちろん、Studio Exhivisit 2015という一時的なオープンアトリエであるがゆえの魅力的な展示空間化の仕方が魅力です。

IMGP8620

PARASOPHIAが開催中のこの時期にあって、普段ギャラリーや美術館を巡るのとは異なるコースで京都中を楽しむことができます。公開日をよくよくご確認の上、ぜひ各アトリエに訪れてみてください。

◯各アトリエ公開日時
※詳細はウェブサイト、フライヤーなどでご確認ください。
http://www.studio-exhivisit2015.com/program.html

schedule2

punto
 ー4/29 – 5/10:12:00 – 18:00
trace
 ー5/1 – 5/5:12:00 – 18:00
凸倉庫
 ー5/5 – 5/10:10:00 – 19:00
・ウズイチ・ウズマキスタジオ
 ー5/3 – 5/6:12:00 – 18:00
うんとこスタジオ
 ー5/1 – 5/6:13:00 – 19:00
shima
 ー4/29 – 5/6:13:00 – 19:00
・山之内造形教室
 ー5/4 – 5/6:13:00 – 19:00
・INK
 ー5/2 – 5/6:13:00 – 18:00
G Art Studio
 ー5/5、6:13:00 – 18:00
むこうスタジオ
 ー5/3 – 5/5:11:00 – 19:00
淀スタジオ
 ー5/1 – 5/6、5/9、10:12:00 – 18:00
共同アトリエ蓮華荘
 ー5/2 – 5/4:11:00 – 19:00

うんとこスタジオ

IMGP8493

IMGP8495

IMGP8500

IMGP8504

IMGP8511

shima

IMGP8521

IMGP8534

IMGP8536

IMGP8540

IMGP8551

punto

IMGP8598

IMGP8617

IMGP8624

IMGP8627

IMGP8630

trace

IMGP8636

IMGP8641

IMGP8652

IMGP8659

IMGP8660

Mitsuhiro Sakakibara

Mitsuhiro Sakakibara . 建築や都市のリソースを利用して暮らし働く人の声を集め、彼らへのサポートを行う。個人として取材執筆、翻訳、改修協力、ネットカフェレポート等を実施。また、多くの人が日常的に都市や建築へ関わる経路を増やすことをねらいとし、建築リサーチ組織「RAD(http://radlab.info/)」を2008年に共同で開始。建築展覧会、町家改修その他ワークショップの管運営、地域移動型短期滞在リサーチプロジェクト、地域の知を蓄積するためのデータベースづくりなど、「建てること」を超えた建築的知識の活用を行う。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use