2016年 春の香港アート事情 / About Hong Kong Art Scene in 2016 spring

アートが主体性を持つ香港で感じたこと

In 特集記事 by Chisai Fujita 2016-04-13

2014年に私が書いた記事「アートバーゼル香港2014と香港のアートシーン」で触れてから今なお、現代のアートシーンにおいて香港は重要な街のひとつである。特に今年2016年は「アートバーゼル香港」の現場で、私は例年以上に日本人を見かけたし、日本人のメディアやブログ、SNSで多く取り上げられている。今回私はアートバーゼル香港に特化せず、2016年春での「香港のアートの今」を紹介したい。

Hong Kong is still one of the most important city as a contemporary art scene. When I have arrived in Hong Kong International Airport, I saw the sign “Hong Kong Art month”. You might be find “Art Basel Hong Kong” on other website. I will introduce “Hong Kong Art Now”.

Art Fair / アートフェアについて

1.Art Basel in Hong Kong / アートバーゼル香港

2016年のアートバーゼル香港は、出展ギャラリー、取り上げられる日本人アーティストの数はほぼ例年通りだったが、日本人来場者が激増しているように私は感じた。今回は、Yoshiaki Inoue Galleryから吉原通雄、MEMから大阪在住の三島喜美代、film部門にヤマキファインアートの林勇気、Encounters部門にはYumiko Chiba Associatesの植松奎二ら、関西ゆかりのアーティストも多く出品していた。これまで「日本と言えば」と形容されがちな作品「ではない」魅力で、日本の現代美術の幅広い実力を観客に見せつけていた。

In 2016, “Art Basel in Hong Kong” opened. It is known as the biggest art fair in Asia, I saw many Japanese there. From Japanese galleries, Michio Yoshihara / Yoshiaki Inoue Gallery, Kimiyo Mishima / MEM, Yuki Hayashi (film section) / Gallery Yamaki Fine Art, Keiji Uematsu (Encounters section) / Yumiko Chiba Associates. The exhibitions of Japanese galleries show specific aspects that have only been before in Japanese artworks.

2.ART CENTRAL

昨年から始まったART CENTRALは、今年はスペースを25パーセント拡大した。駅から遠く、また、アートバーゼルより認知度が低いにも関わらず、多くの来場者があった。日本からは個性的なギャラリーが多く出展していたが、中でもTEZUKAYAMA GALLERYは中村一美とタムラサトルの展示をしていた。中村のような抽象絵画は珍しく、人々は魅きつけられていた。

“ART CENTRAL”, which started last year has new expanded its space by 25%. Many people come there though there is far from station and it is not known than Art Basel. The representatives from Japan are the exhibitions of Kazumi Nakamura and Satoru Tamura from Tezukayama Gallery. Abstract paintings like Nakamura are rare in the ART CENTRAL exhibition, but people are interested.

3.Asia Contemporary Art Show

Asia Contemporary Art Show, Art at Linden gate from Australiaは、香港とシンガポールで展開するアートフェアである。今年1月のシンガポールでは、会場をホテルからホールでのアートフェアにしていたが、この3月の香港では名門ホテルのひとつConrad Hong Kongの客室をつかって展開していた。私が見たのがプレビューの時間帯だったので、実際の入場者数やその層をきちんと把握していないが、出展ギャラリーについては、近さも手伝ってかアジア諸国、オーストラリア含めて実にグローバル。たかがホテルのアートフェアと思いがちだが、香港という土地に魅力を感じるギャラリーとそこに訪れる客の層が広いことを知った。

“Asia Contemporary Art Show” where opened Conrad Hong Kong is another type art fair. Because it was held in the hotel, customers choose the artworks closely. And the gallerist talk various things about the art works. Actually, it is good that I can hear the explanation for Australian gallery. Also price is not expensive, it is easy to purchase the artworks there.

Gallery / ギャラリーの近況

2-1. Increasing the galleries from Europe / 増え続ける欧州系ギャラリー

2-1-1. Massimo De Carlo

セントラル地区のペダービルには多くのギャラリーが集まっている。香港からアジア各地へ行き来することは便利だからと、イタリア・ミラノからMassimo De Carloがスペースを開いた。ギャラリストのDe Carlo氏は「ここから2時間で、ほとんどのアジアのどこへでも行けます。だからこそお客様は香港に来るし、作品を見たり買ったりしやすいのです。日本は少し東に位置しすぎています」

Pedder Building from Central area has a gallery, Massimo De Carlo. This gallery from Milan, Italy chooses Hong Kong because it is convenient to travel to any Asian countries from here. The gallerist, Mr. De Carlo said, “it takes two hours from here to almost Asian country, therefore customers come to Hong Kong and they can see and buy the artworks easily. Japan, however is a little further east”.

2-1-2. CHARBON

CHARBONは昨年9月に黄竹坑地区にオープンした。フランス人オーナーがこの場所を見つけた、という。マネージャーでキュレーターのChoffel氏は、「ここ数年、このエリアには多くのギャラリーが増えています。このエリアに来るお客様は、必然的に私たちのギャラリーにも立ち寄ってくれます」と語ってくれた。

CHARBON is opened at Wong Chuk Hang (黄竹坑)area since September, 2015. French manager found this space for the gallery. Manager / Curator, Ms. Choffel said “In this last few years, the number of galleries has increased around here. When the customers come to this area, they should come to my gallery.

2-2. Connecting in South Area / South Area全体での取り組み

香港島南部にあたる黄竹坑および田湾地区では、3月24日に、ギャラリーとアーティストのスタジオで「アートブランチ」というイベントを開催した。午前中から開いているスペースへ観客が訪れると、飲食をしながら作品鑑賞することができる、とてもすばらしいプロジェクトであった。

In Wang Chuk Hang(黄竹坑) and Tin Wan (田湾)area, galleries and artist studios open the event “ART BRANCH” on March 24. The viewers can admire the artworks, eat and drink all in all it is good project.

Others / その他

3-1. Event Horizon

日本でも知られた彫刻家アントニー・ゴームリーが、香港で新しいプロジェクト「Event Horizon」を行った。ゴームリーの彫刻作品は、等身大の人体像である。それが香港のセントラル地区に、4体が地上に、27体がビルの先端や屋上に立っており、鑑賞者はビルを見上げて像を探す。こうした鑑賞のしかたを日本では、「作品が空間を変容する」あるいは「環境や空間のシンボルとしての彫刻」と表現するだろう。しかし香港で行われたこのプロジェクトは「アートはアート、鑑賞者は鑑賞者」なのである。実際に置かれた像は、決してビルのシンボルではなく、空間を変容させたりもしない。見上げたり、目線の高さが同じであったり、さまざまに配置された作品を見るあなた自身に気づきを与えて、アートの中にある偉大さを再確認することだろう。

Antony Gormley who is one of the most famous sculptors in the world has a new project in Hong Kong. His sculptures represent isolated life-size standing men. 3 sculptures are placed on the street and 28 sculptures are on the top of the building in Central area. You want to see it when the viewer can look up the building. In Japan, we say like this, “artwork changes the environment (space) because it has a spatial coercion to it”. Perhaps we can discover the symbol behind it. But in Hong Kong, “art is art and you are you”. You are aware it when you are admiring an artwork. You can look up or horizontally if you are on top of a hill and you will see the same thing, no symbol, just art. Actually, Gormley’s sculptures provide an example of greatness in art.

3-2. M+, SIGG collection

2019年ごろ、西九龍地区にオープン予定の美術館M+(エムプラス)。所蔵する中国現代美術の作品を公開した展覧会「SIGG Collection」は、私は平日に行ったにも関わらず、入場までに40分待ち!かつて日本の展覧会でも紹介されたことがあるものも含め、1974年からたった今現在に至るまでの作品が一堂に会した。

For the opening 2019, the museum “M+” presents the SIGG collection, which is a Chinese exhibition of contemporary artists. In this exhibition, we can see the artworks with their history (1974 – present).

3-3. 「Post Pixel」香港城市大学

以前、韓国光州のレポートで伝えた通り、アジアではメディアアートの作品の制作・発表が増えている。香港の美術系大学を中心に、5月にはメディアアートの大きなイベント「ISEA2016」もあるなかで、この3月には香港城市大学(City University of Hong Kong)にあるRun Run Shaw Creative Media Centreでは、Animamix Biennale – post pixel展が開かれた。展覧会タイトル通り、ピクセル(画素)の後について考察するような写真、映像作品を展示していた。そしてこの展覧会は韓国テグ、中国上海に巡回。国内で完結させない動きは、日本人にとって見習うべき態度ではないだろうか。

There are many universities in Hong Kong have art divisions, one of them is City University of Hong Kong which hosts Post Pixel exhibition in the Run Run Shaw Creative Media Centre. As the title suggests, the artists try to show their visions about the “pixel” throughout their video or photo. This is biennale exhibition and after Hong Kong it will be hosted in Daegu, South Korea and Shanghai, China.

まとめ

「香港=ここに来ればアートがたくさん」という土地バリューがあるならば、日本にはどの町(少なくとも都道府県レベルでも)美術館があり、各地で展開するアートイベントでは自然や食も巻き込んだ観光資源となっていて、本当は「日本=ここに来ればアートがたくさん」のはずである。こうした美術やアートの現場では「教育普及」という形で、鑑賞者を増やすことや彼らのスキルアップを試みられ、「ワークショップ」という名で、作品制作をする場も数多く行われている。かたや香港は、美術館が少なく、鑑賞教育の場もほとんどないというのに、ローカルの人たちは、M+のコレクション展を見るために何十分も並び、アートフェアに出かけている。さらに、わざわざ飛行機に乗って香港まで見る、買うために欧米からも人々は訪れる。こうした2016年の現状において、私は「土地バリューは関係がない」と考えている。簡単に言うと「日本人は日本人に対して美術をつかって何かをすることしか考えていない」だけ。しかし多くの日本人は、このことにまだ気づいていない。世界は広い。日本(人)にとって美術やアートは、どんどんガラパゴス化、内輪受けした文化になっている。さて、来年の今ごろには日本のアートは誰のために存在しているだろうか。

Wherever you come to Hong Kong, you can see and buy artworks. Is it true? We Japanese have  many museums (each prefecture has a museum), and art events open in every city in Japan. Due to the education we receive (we learn how to see and understand artworks) and the workshops we have (we learn how to create artworks), we are able to grasp the sense of art. In Hong Kong, the situation is different. Despite the lack of art education and workshops, citizen line up for more than 40minutes sometimes to see M+ museum’s collection or visiting art fairs. In Japan’s case people do not line up for seeing foreign artworks, but they do appreciate Japanese art. I think Japanese consciousness has to adapt and global view is necessary. Who appreciates Japanese art? It might take a while for the conception to change and will have to give it time to see the results.

(写真はすべて藤田千彩撮影)

Chisai Fujita

Chisai Fujita . 藤田千彩アートライター/アートジャーナリスト。1974年岡山県生まれ。玉川大学文学部芸術学科芸術文化専攻卒業後、某大手通信会社で社内報の編集業務を手掛ける。5年半のOL生活中に、ギャラリーや横浜トリエンナーレでアートボランティアを経験。2002年独立後、フリーランスでアートライター、編集に携わっている。これまで「ぴあ」「週刊SPA!」「美術手帖」など雑誌、「AllAbout」「artscape」などウェブサイトに、展覧会紹介、レビューやインタビューの執筆、書籍編集を行っている。2005年から「PEELER」を運営する(共同編集:野田利也)。鑑賞活動にも力を入れ、定期的にアートに関心の高い一般人と美術館やギャラリーをまわる「アート巡り」を開催している。また現代アートの現状やアートシーンを伝える・鑑賞する授業として、2011年度、2014年度、2015年度愛知県立芸術大学非常勤講師、2012年度京都精華大学非常勤講師、2016年度愛知県立芸術大学非常勤研究員、2014~ 2017年度大阪成蹊大学非常勤講師などを担当している。 写真 (C) Takuya Matsumi ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use