【8/6開催!】公開プレゼンテーション&ディスカッション 「新たな“移動”を促すローカルメディアのかたちとは」

—京都の5つのエリアをリサーチして構想される、ローカルメディアの提案会

In ニュース by Mitsuhiro Sakakibara 2017-07-11

以前参加者募集のお知らせをした、京都のリサーチを行いローカルメディアをつくる一般参加型のワークショッププログラム「CIRCULATION KYOTO」。100名超の応募者から選ばれた40名の参加者とディレクターチームにより、高い密度で議論が進んでいます。10代~50代の多彩な能力と個性を放つ参加メンバーたちが、“まちの見方を180度変えるメディア”の実現に向けて奮闘中。

ということで、参加者が構想した案を一般公開で発表する「プレゼンテーション&ディスカッション」の詳細が決定しました!

当日は豪華ゲストも参戦!5つのエリアを基点に「京都」を考え抜いた、メンバーたちが提出するアイディアとは!?ここから、“京都のまち”と京都ならではの“メディア”の新しい姿が見えてくるでしょう。

みなさまのご来場をお待ちしています!!

プレゼンテーション&ディスカッション
「新たな“移動”を促すローカルメディアのかたちとは」
■日時
2017年8月6日(日)13:00~17:00(受付開始・開場は12:30~)
■会場
京都市男女共同参画センター ウィングス京都 イベントホール
※会場はロームシアター京都ではありません。ご注意ください。
■料金
無料(予約優先)
WEBフォームにて予約申込受付中 申し込みはこちらから!
https://goo.gl/forms/KdqDZKHUIHNkQ6P83


■ゲスト:
伊豆田千加(NPO法人子育ては親育て・みのりのもり劇場理事長)
井口夏実(学芸出版社編集室長)
兼松佳宏(勉強家、京都精華大学特任講師、元「greenz.jp」編集長)
吉岡洋(京都大学こころの未来研究センター特定教授)
竹田正俊(株式会社クロスエフェクト代表取締役)
幅允孝(ブックディレクター)
■主催
公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(ロームシアター京都、京都市東部文化会館、京都市呉竹文化センター、京都市西文化会館ウエスティ、京都市北文化会館、京都市右京ふれあい文化会館)、京都市

Mitsuhiro Sakakibara

Mitsuhiro Sakakibara . 建築や都市のリソースを利用して暮らし働く人の声を集め、彼らへのサポートを行う。個人として取材執筆、翻訳、改修協力、ネットカフェレポート等を実施。また、多くの人が日常的に都市や建築へ関わる経路を増やすことをねらいとし、建築リサーチ組織「RAD(http://radlab.info/)」を2008年に共同で開始。建築展覧会、町家改修その他ワークショップの管運営、地域移動型短期滞在リサーチプロジェクト、地域の知を蓄積するためのデータベースづくりなど、「建てること」を超えた建築的知識の活用を行う。 ≫ 他の記事

KABlogについて

Kansai Art Beatの運営チームにまつわるニュースをお伝えします。

Facebook

KABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Kansai Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use