「鎖国下の日本と外国」展

神戸市立博物館

poster for 「鎖国下の日本と外国」展
オススメする [2]

 

常設展

江戸時代は外国との交流はなかったと思われがちですが、実際はそうではなかったのです。望遠鏡、ガラス器、和時計などの外国の技術の影響をうけたものや、ヨーロッパの学問を研究した洋学関係資料、世界地図などによって、外国の影響を示します。
※1階展示室1にて展示

【画像:「18世紀以降の日本製望遠鏡」】

メディア

スケジュール

常設展

入場料

一般 200円、大学生・高校生 150円、中学生・小学生 100円

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
金曜日は19:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、祝日の翌日休館、年末年始休館

アクセス

〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町24
電話: 078-391-0035 

地下鉄海岸線旧居留地・大丸前駅より徒歩6分、JR三ノ宮駅より徒歩7分、阪神・阪急・ポートライナー・地下鉄西神山手線三宮駅より徒歩10分

Google map

このイベントに行かれる際には、関西アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use