「千家歴代と樂歴代の茶道具 - 利休のデザインと展開 - 」

湯木美術館

poster for 「千家歴代と樂歴代の茶道具 - 利休のデザインと展開 - 」
長次郎「黒茶碗」銘キリキリス

このイベントは終了しました。

利休と長次郎が生み出した茶碗は400年以上にわたって樂家に受け継がれ、各代の当主により釉薬や装飾、器種の多様化など、独自の創意工夫が加えられてきました。また、千家では古来から使われていたスタンダードなデザインの茶道具を「利休形」として定め、利休の造形を継承しつつ、手造りの茶碗や茶杓などに独自の創意を加え、茶道具に新たな展開を生み出します。

[入替展示]
前期: 1月6日(火)- 2月15日(日)
後期: 2月18日(水)- 3月29日(日)

メディア

スケジュール

2015年01月06日 10:00 ~ 2015年03月29日 16:30
2月6日(金)、3月6日(金)は午後7時まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use