泉茂 「ハンサムな絵のつくりかた」

和歌山県立近代美術館

poster for 泉茂 「ハンサムな絵のつくりかた」
《鎮魂歌》1988年 アクリル絵具、キャンバス

このイベントは終了しました。

叙情的な作風で版画家として評価された青年時代から、文学性を排除した晩年の明快な表現へ。関西の美術を牽引してきた泉茂(いずみ・しげる 1922-1995)の展示です。
大阪市に生まれた泉は、1939(昭和 14)年大阪市立工芸学校図案科を卒業した後、大丸百貨店に勤務のかたわら中之島洋画研究所に学びました。戦後、制作に専心するようになり、1951(昭和26)年に瑛九らと結成した「デモクラート美術家協会」で活動しましたが、泉が1956(昭和31)年の第1 回東京国際版画ビエンナーレ展で新人奨励賞を受賞したことをきっかけに同会は解散、1959(昭和34)年ニューヨークに渡り、そののちパリへ移りました。そしてこの頃から、芸術とは作家の内部で育まれ、凝縮されたイメージを探求するばかりではなく、発見するものであるという考えにもとづき、自身が描いたドローイングから筆跡の一部分を切り取って拡大し、緻密な筆使いで再現するという方法で制作をはじめました。
以後も意識的に自らが定めた制作方法を転換しながら、刺激的な表現を展開していきました。それは、いちど版画家として高く評価された泉が、版画家の枠にとどめられることなく画家として生きるための、そして、自身に挑戦するかのように生涯たゆむことなく描き続けるための方法でもありました。
本展では、それぞれの作品の魅力とともに、いま自身の生き方に向き合っている方にも、これから自身の仕事を始めようとしている方にも、その仕事術をあわせて展示します。

メディア

スケジュール

2017年01月27日 9:30 ~ 2017年03月26日 17:00

アーティスト

泉茂

Facebook

Reviews

Aki Kuroki tablog review

他にはない自主企画が魅力の和歌山県立近代美術館

日本国内で5番目の近代美術館は、日本の伝統美と熊野古道をイメージ

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use