「鉄道芸術祭vol.7 STATION TO STATION」

アートエリア B1

poster for 「鉄道芸術祭vol.7  STATION TO STATION」

このイベントは終了しました。

駅コンコースに位置するアートエリアB1では、2010年よりその場所性を活かし、鉄道の創造性に着目した企画展「鉄道芸術祭」が開催されています。
vol.7となる今回は、メインアーティストにアーティストでグラフィックデザイナーの立花文穂を迎え、展覧会自体を立花が編集とディレクションを担う雑誌『球体』の新刊号として表現します。リサーチメンバーには、雑誌「球体」参加メンバーの建築家・荒木信雄、作家・石田千、料理家・文筆家の高山なおみを迎え、【鉄道と身体・知覚・行動】をテーマに展開されます。

メディア

スケジュール

2017年11月10日 12:00 ~ 2018年01月21日 19:00

Facebook

Reviews

Chisai Fujita tablog review

京阪電車 なにわ橋駅 アートエリアB1

アンダーグラウンドでトガり続けて来年10周年

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use