何必館・京都現代美術館の過去イベントのリスト

以下は何必館・京都現代美術館で行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 近藤高弘「手の思想」

    近藤高弘「手の思想」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 陶芸
    • 2017年10月06日 〜 2017年11月26日

    近藤高弘(1958-)は、京都に続く陶芸家の家に生まれました。陶芸の概念にとらわれない、立体的な作品を数多く制作し、国内外の美術館で多くの展覧会が開催されています。本展では、坐像、オブジェ、茶碗、白磁…詳細 »

  • poster for 「和の美を問う 北大路磐山人展」

    「和の美を問う 北大路磐山人展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 陶芸
    • 2017年06月27日 〜 2017年09月24日

    「和の美を問う 北大路磐山人展」が開催されます。北大路盤山人は、京都上賀茂神社の社家に生まれ、書家、築刻家として出発し、陶芸をはじめ、絵画、漆芸、金工など、分野を超えて個性溢れる作品を数多く生み出しま…詳細 »

  • poster for 「決定的瞬間 アンリ・カルティエ=ブレッソン展」

    「決定的瞬間 アンリ・カルティエ=ブレッソン展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2017年04月05日 〜 2017年06月18日

    アンリ・カルティエ=ブレッソン(1908-2004)は、20世紀という時代を見事に撮らえ表現した写真家です。アメリカ、中国、インドなど世界各地を訪れたブレッソンは、小型カメラ「ライカ」によってロシアの…詳細 »

  • poster for 「黒から玄へ MAYA MAXX 展」

    「黒から玄へ MAYA MAXX 展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2017年02月03日 〜 2017年03月26日

    第8回目となる本展覧会のテーマは「黒から玄へ」です。MAYA MAXXは、約2年間思うように描けない日々の中で、絵具が何層にも重なり、何枚描いても最終的には、真っ黒な画面になってしまいます。しかし「黒…詳細 »

  • poster for 「昭和という時代 木村伊兵衛展」

    「昭和という時代 木村伊兵衛展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2016年09月03日 〜 2016年10月30日

    ライカの神様と言われるほど、その軽快なカメラの性能を生かした、それまで主流であった絵画的な表現から、動的印象を捉えるスナップ写真という新しい表現方法を開拓した木村伊兵衛は、その手法を用いて下町の生活風…詳細 »

  • poster for サラ・ムーン 展

    サラ・ムーン 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • 2016年04月23日 〜 2016年05月22日

    本展はサラ・ムーンの集大成の作品集『Sarah Moon 1, 2, 3, 4, 5,』の日本語版(何必館・京都現代美術館刊)の刊行記念展です。ファッションとランドスケープなど、相反するものの関係性を…詳細 »

  • poster for 村上華岳 + 山口薫 + 北大路魯山人 展

    村上華岳 + 山口薫 + 北大路魯山人 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 陶芸
    • 2016年03月05日 〜 2016年04月15日

    本展は、近代美術を代表する日本画家である村上華岳、詩魂の画家と称された洋画家山口薫、美術工芸のあらゆる分野で個性あふれる作品を生み出した北大路魯山人による作品を中心に、60点展示しています。人々の価値…詳細 »

  • poster for 「時代へのまなざし Martine Franck 展」

    「時代へのまなざし Martine Franck 展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2015年12月19日 〜 2016年02月28日

    パリを拠点に活躍したマグナムの写真家マルティーヌ・フランクは、豊かな国際感覚をもって世界の様々な問題をテーマに取材を続け、高い評価を得ています。また、マグナムの創始者であるアンリ・カルティエ=ブレッソ…詳細 »

  • poster for 何必館コレクション 魯山人と遊ぶ展

    何必館コレクション 魯山人と遊ぶ展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2015年09月19日 〜 2015年12月13日

    このたび「何必館コレクション魯山人と遊ぶ展」を開催いたします。「この世の中を少しずつでも美しくして行きたい。私の仕事は、そのささやかな表れである。」という魯山人の言葉が表すように、魯山人の言葉が表すよ…詳細 »

  • poster for 「何必館コレクション」展

    「何必館コレクション」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 陶芸
    • 2015年08月01日 〜 2015年09月13日

    何必館全館を使い、当館のコレクションの柱である三人の作品を中心に「何必館コレクション展」を開催いたします。近代日本美術を代表する日本画家である村上華岳、詩魂の画家と評された山口薫、美術工芸のあらゆる分…詳細 »

  • poster for 「パリの日常 WILLY RONIS」展

    「パリの日常 WILLY RONIS」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2015年06月06日 〜 2015年07月26日

    ウイリー・ロニスは、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロベール・ドアノーなどと共にフランスが生んだ世界的な写真家です。彼はルポルタージュ、広告、ファッションなど幅広い分野の作品を残しました。本展では、ウ…詳細 »

  • poster for 何必館で観る現代美術 展

    何必館で観る現代美術 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2015年03月28日 〜 2015年05月31日

    近年、美の表現方法は益々多様化し、広がってきてはいますが、反面、強固な意思の表現を通じ、根源的な祈る心が見失われ、混迷している様に思われます。 本展では、もう一度「現代美術とは何か」ということを考え…詳細 »

  • poster for 中野弘彦 「無常なること」

    中野弘彦 「無常なること」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2015年01月23日 〜 2015年03月22日

    中野弘彦の作品の根底にはいつも「無常」という命題があります。 あらゆるものが画一化され、自分の表情を失いかけている現代にあって、絵画における思想と造形の接点を追求し、ひたむきに生と死の根源を見つめよ…詳細 »

  • poster for ロベール・ドアノー 「没後20年・ドアノーのパリ」

    ロベール・ドアノー 「没後20年・ドアノーのパリ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2014年09月13日 〜 2014年11月30日

    本年はロベール・ドアノーの没後20年にあたります。ドアノーは18歳の頃より本格的に写真の世界に入り、雑誌『ヴォーグ』や『ライフ』のカメラマンとして、また、短編映画の制作など多方面で活躍し、生涯、パリに…詳細 »

  • poster for MAYA MAXX 「文字と形象」

    MAYA MAXX 「文字と形象」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 2014年07月15日 〜 2014年08月31日

    展覧会のテーマは「文字と形象」です。文字とは言葉であり、それらによって私達は賢人の思想や哲学に触れ、時代を越えて先人たちの言葉を自由に紐解くことができます。今回のMAYA MAXXの作品には、ブッダの…詳細 »

  • poster for 北大路魯山人「没後55年 和の美を問う」

    北大路魯山人「没後55年 和の美を問う」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア グラフィックデザイン ・ プロダクト ・ 陶芸
    • 2014年03月25日 〜 2014年06月29日

    本年は北大路魯山人没後55年にあたります。何必館・京都現代美術館では全館を使い、北大路魯山人の作品を展示いたします。京都上賀茂の社家に生まれ、書家、篆刻家として出発した魯山人は、陶芸をはじめ書・絵画・…詳細 »

  • poster for 「パリ35年・リビドーを裂く 今村幸生」展

    「パリ35年・リビドーを裂く 今村幸生」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング
    • 2014年02月01日 〜 2014年03月16日

    今村幸生は三重県伊勢市生まれ、現在フランス在住の美術家です。16才から絵を描き始め、若くして才能を評価され活躍しますが、1977年、国内での活動に違和感を感じ、同時代の美術家たちのいるフランスへと活動…詳細 »

  • poster for 「没後45年 詩魂の画家 山口薫」展

    「没後45年 詩魂の画家 山口薫」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング
    • 2013年11月23日 〜 2014年01月26日

    山口薫は近代日本美術を代表する洋画家です。戦前から戦後にかけて美術表現が目覚ましく変貌を遂げた時代に、コラージュや抽象に取り組むなど独自の画業を展開した山口薫。馬や牛、娘や愛犬など身近な存在や自然をモ…詳細 »

  • poster for エリオット・アーウィット 「一瞬と永遠の劇場」

    エリオット・アーウィット 「一瞬と永遠の劇場」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2013年09月07日 〜 2013年10月27日

    エリオット・アーウィットは、フォトジャーナリストの第一人者として、ニューヨークを拠点に活躍する世界的な人気を誇る写真家です。J・F・ケネディ大統領やチェ・ゲバラ、マリリン・モンロー、フィデル・カストロ…詳細 »

  • poster for 「何必館コレクション展」

    「何必館コレクション展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 工芸 ・ 陶芸
    • 2013年08月03日 〜 2013年08月25日

    何必館のコレクションのなかから村上華岳、山口薫、北大路魯山人の作品を展示。詳細 »

  • poster for 「絵を刻む MAYA MAXX」展

    「絵を刻む MAYA MAXX」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2013年06月01日 〜 2013年07月28日

    MAYA MAXXは27歳から独学で絵を描きはじめ、ジャンルを超えた多彩な表現とその飾らない人柄で若い世代を中心に多くの人々から支持を得ている。 2013年3月、MAYA MAXXは書道界の大きな賞…詳細 »

  • poster for エリオット・アーウィット 「内なる愛」

    エリオット・アーウィット 「内なる愛」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2008年04月18日 〜 2008年06月08日

    「どんなに厳しい現実に直面した時でも、決してユーモアを忘れてはならない。」今年80歳を迎える、エリオット・アーウィットの写真からそんなメッセージが送られているような気がします。25歳の若さでロバート・…詳細 »

  • poster for 「名品との出会い 何必館拾遺」展

    「名品との出会い 何必館拾遺」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 絵画 ・ グラフィックデザイン ・ 版画 ・ 陶芸
    • 2008年03月01日 〜 2008年04月13日

    何必館・京都現代美術館長 梶川芳友は21歳で村上華岳の「太子樹下禅那」と出会い、生涯を美術のことにかけようと決意し、作品にふさわしい空間を作るべく、自ら設計し、1981年に何必館・京都現代美術館を開設…詳細 »

  • poster for MAYA MAXX 「For Tomorrow」

    MAYA MAXX 「For Tomorrow」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[6]
    • メディア 絵画 ・ トーク ・ パフォーマンス
    • 2008年01月10日 〜 2008年02月24日

    MAYA MAXX(マヤマックス)は、27歳から独学で絵を描き始め、ギャラリーでの展覧会のみならず、これまでの画家の領域を超え、テレビ、雑誌、インターネット等様々なマスメディアで活躍してきました。 …詳細 »

  • poster for 木村伊兵衛 展

    木村伊兵衛 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[5]
    • メディア 写真
    • 2007年10月27日 〜 2007年12月26日

    木村伊兵衛は、日本近代写真史上最も重要な写真家です。浅草の露店で出会ったカメラに魅了され、小学生の頃から寄席に通った早熟な子供は、生涯、庶民の生活と風俗を愛し続けました。 1929年、小型カメラ"ラ…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Kansai Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use